【NBA2k18】オンラインクイックマッチの楽しさに気づく

      2018/06/05

こんにちは!ノリ(@halo_transcend)です。

今回もNBA2k18の記事です!

マイキャリアはレートが90になったので、一旦クリア(?)ということにしました!MVPとFMVPもとりましたし!!

マイリーグもだんだん慣れてきて、勝ち進めるようになってきました。

ですが、ここでそのお話はしません。

NBA2k18は過去作以上の圧倒的ボリュームで、飽きることなく楽しませ続けています。

その特徴の一つが、多彩なモードです。

マイキャリア、マイリーグとやってきて、次に私が新しくはじめてみたモード、

それは、「オンラインクイックマッチ」です!

 

オンラインクイックマッチとは

【PLAY NOW】から遊べるオンライン用のクイックマッチです。

1クォーター6分の合計24分、好きなチームで全国のライバルと対戦します。

と、これだけの説明ではざっくりしすぎていると思うので、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

選ぶことのできるチーム、オススメチーム

最新のロスターを反映した現在のチーム、過去のチームが使えるクラシックチーム、歴代の最強選手が使えるALL-TIMEチーム、全てを使うことができます。

しかし、ここで一つ疑問に思いますよね。

「それだったら最強のALL-TIMEチーム一択なのでは?」と思う方がいらっしゃると思います。

でも、このあたりはちゃんとバランスよくできていて、それぞれのチームに1~5までのランク付けがされており、1が一番強く、5が一番格下になります。

格上のチームに勝利した場合は、ボーナスを得ることができます。

たとえば、ランク2のチームがランク1のチームに1回勝つと、2回勝ったことになります。

これにより、格上のチームに技術で立ち向かうという戦略をとることができます。

ランク分けは、おおまかに

ランク1:ALL-TIMEチーム

ランク2:クラシックチーム

ランク3:現在の上位チーム

ランク4:現在の中位チーム

ランク5:現在の下位チーム

となっております。

自分の好きなチームを使うのもよし、ただただ強いチームを使うのもよし。

オススメのチームは、ランク1であれば、「All-time Lakers」と「All-time Warriors」です。

どちらもバランスよく強い選手がそろっていますし、格上のチームを使ってもボーナスがないだけで特にデメリットはないのでオススメです。私はほとんど使いませんが、対戦相手ではよく見かけます。

ランク3であれば、「Cavaliers」と「Rockets」がオススメです。これ以外のチームでも良いのですが、現在のチームはケガの状況が反映されてしまうので、ケガの選手が多いとどうしても不利になってしまいます。

なので、とにかくケガの選手が少ないチームを選びましょう。

「Warriors」もオススメしたいところですが、ケガ人が多い場合はやめておいた方がよさそうです。あ、ランク4になっていました。

追記:完全体の「Warriors」はランク2ながら圧倒的な強さを誇ります!

さすがにケガ人が多いと、ランクを下げざるを得ないみたいですね。

ランク4では、「Trailblazers」と「Jazz」がオススメです。前者は攻撃的なチーム、後者は守りのチームで、どちらもランク4とは思えない強さがあります。

ランク2とランク5については、好きなチームを使えばいいと思います。

 

 

操作、試合の流れ

操作は、自分チームの全ての選手を操作します。そのあたりはクイックマッチと同じです。

マイキャリアしかやったことのない人は、他の選手も操作するということに慣れないかもしれませんが、そのうち慣れます。

設定もしなおさなければなりませんから、特にパスの設定はマイキャリアで使っている設定と違うと、ミスを連発することになりますので注意が必要です。

タイムアウトは、それぞれがルール内で自由にとることができます。お互いが終了するまでタイムアウトは続きます。

また、初期設定であれば、選手の交代は自動でやってくれますが、選手の交代は自分でやったほうが良いです。

流れに合わせて戦術を変えるのも手ですし、そこはマイリーグでHCをやっていた方なら腕の見せ所になります。

 

また、ポーズ(一時停止)をした場合はどうなるのかといいますと、2分間なら操作をすることができます。その時相手画面には「操作中」というのが出ていて、一時停止をした人以外は操作することができません。

対戦相手も人間ですから、できれば使わないようにしましょう!時間を止めるならタイムアウトなど、別の方法があります。

追記:2分間が過ぎるとどうなるのかというと、相手側が対戦を終了するか続けるかを選択できるようになります。「続ける」を選んだ場合は、また2分間ポーズできます。

 

オンラインクイックマッチの特徴

マイキャリアやマイチームなど、他のモードでもオンライン対戦をすることはできますが、このクイックマッチは、最初からすべてのチームが開放されています。

ですから、やればやるほど強くなる類のものではありません。

それと、出場している選手全員を操作するのは、簡単ではありません。

全員というより、ボールを持っている選手ですが……。

なかなか思うようにいかないところもたくさんあります。

しかし、自分が好きなチームで戦うというのは楽しいですし、勝てればなおさらです!

 

プレイのコツ

ロングパスは控える

遠くへのパスは基本通りません。ボールがあらぬ方向へ飛ぶので控えましょう。

また、シュート途中でパスを出すのも、味方が受け取れないことが多く、オススメできません。

特に、パスミスからの速攻で点を取られてしまった場合は、気分も落ち込みますので、パスは丁寧にしましょう。

 

タイムアウトは自分でとる

初期設定では自動でタイムアウトをとってくれますが、これは自分の好きなタイミングでとった方がいいです。

例えば、4点以上差が詰められた(離された)とき、選手が疲れているとき、戦術プランを練り直したいときなどに使えます。

普段一人で遊んでいる時は一時停止してじっくり選手交代をすれば良かったのですが、オンラインでは限られた時間の中で効果的に選手を入れ替えていく必要があります。

特に、対人であればなおのこと、心理的な部分でもタイムアウトは非常に大切です。

意識して、使うようにしましょう!

 

有線LAN接続!

スイッチの携帯モードで遊ぶ私は特に気を付けなければいけませんが、無線LANではなく、有線でインターネットに接続するようにしましょう。

オンラインゲームで無線LANを使用すると、遅延が発生したり、通信が切断されたりすることがあります。

シュートのタイミングや、プレーにも影響が出ますので、ぜひ有線LANで遊びましょう!

 

まとめ

そもそもこの記事を書いたきっかけは、自分が「Cavaliers」で「All-time Warriors」に勝った嬉しさを誰かに伝えたかったからです。

自分が好きなチームが歴代最強メンバーのチーム相手に勝つというのは本当にうれしいことです。

その時の話を少しします。

第4Q残り3分の時点で10点以上差をつけて勝っていましたが、残り12秒の時に同点になってしまったんです。

相手は歴代最強なので、ベンチも総合評価85以上の選手しかいません。そんなチームとオーバータイムまでもつれ込んだら、厳しい戦いになるでしょう。

そう考えた私は、焦りつつも慎重に2点を決め、残り8秒になりました。

8秒あればCurryのスリーが飛んできます。徹底的にマークして、なんとか勝ち切ることができました!

結論:「NBA2k18サイコー!!」

 

日々の生活によりよいを

ノリ

 

 - がっつりゲームから学ぶ