ケノンを3カ月使った感想!家庭用脱毛器と美容脱毛の違いは?

      2018/12/09

こんにちは!ノリ(@halo_transcend)です。

男女問わず人々を悩ませるムダ毛。

朝剃っても夕方には黒々とした毛が伸びてきて、鏡なんて見たくもないのはヒゲ。

年中長ズボンで過ごしたいのは寒がりだからじゃない。見せたくないのはタイツからも貫通して出てくるすね毛。

それぞれたくさんの人がムダ毛で悩んで、その処理に苦労してきました。

ガムテープ、毛抜き、脱毛クリーム、脱毛テープ……。

効果があったならいいんです。

私は全部使ってみました。

ガムテープ、痛いです。

毛抜き、痛いです。時間かかります。増えます。

クリーム、丈夫な毛には効き目なしです。

テープ、また生えてきます。

ポケモンでいうと「こうかはいまひとつのようだ」でした。

美容脱毛も行きました。美容外科です。効果はありましたが、また生えてきました。それと高かったです。

そして今回。家庭用脱毛器を買いました。

買ったのは一番有名なフラッシュ脱毛器「ケノン」です。

果たして私のヒゲとすね毛(自分のことだったんかーい)は消滅するのでしょうか……。

という前置きはこのくらいにしておいて!

なんだか暗い話になってしまいがちなので、明るくいきます!

ということで今回は他と比較しながら「ケノン」について丁寧にレビューをしていこうと思います!

結論から言うと、ケノンは「買い」です!

でも、私はケノンの回し者じゃないですし、せっかく美容脱毛も経験しているのですから、比較していいところもわるいところも漏れなくお話できたらなと思います。

さっそく見ていきましょう!

美容脱毛について

美容脱毛とは

まずは言葉の意味を確認しておきましょう。

私は美容脱毛を、「外に出て美容目的で脱毛行為を受けること」としています。

その中に家庭用脱毛器を用いた脱毛や、美容目的でない脱毛は含みません。

含まれるのは、美容外科(美容クリニック)、美容エステ(脱毛エステ、脱毛サロン)などです。

インターネット上の他の記事では美容脱毛に美容外科を含まなかったり、家の中での脱毛も美容脱毛も含むこともありますが、この記事ではこの意味でいきます。

美容外科と美容エステの違い

ここで、ざっと美容外科と美容エステの違いを確認しておきます。

美容外科は医師在中のもと、看護師が脱毛を行います。美容エステと比べると金額が高めで、効果が強めです。クリニックですが病気の治療ではないので保険はききません。

美容エステは金額が安く、効果は美容外科と比べると薄めで、回数多く通う必要があります。

私が以前行ったのは湘南美容外科という美容外科です。

CMもやっている有名なクリニックで、全国に50を超える施設があります。

個人的には共立美容外科、高須クリニック、城本クリニックとこの湘南美容外科で四天王だと思っています(なんのだよ)。

対する美容エステは、地下鉄の広告でよく見ますね。ミュゼのイメージが強いと思っていましたが、他にもキレイモ、銀座カラー、STLASSH(ストラッシュ)など色々あります。

私が行った美容脱毛

美容脱毛に行った感想を簡単にまとめます。

いくらケノンが良くても、他に何も知らなければ比較のしようがありませんからね!

私がやったのは湘南美容外科のフェイス6回コース(額、もみあげ周囲・頬、鼻下、アゴ、アゴ下)でした。値段は詳しくは覚えていませんが、2018/12/02現在だと49,680円です。私の時も5万円前後だったと思います。

また、現在は「フェイス6回コース」は女性しか選択できないの注意が必要です!看護師さんが女性だという話ではなく、自分が女性でないとだめです!

当時は男でもできたので、私はできましたが、たぶん割安だったか人気がなかったかで消えてしまいました。

美容脱毛のいいところ

さて、気になる感想ですが、結論から言うと、「良くも悪くも期待通り」でした。

スタッフである看護師さんの対応が良かったですし、4回目からは脱毛に行った数日後にぽろぽろ毛が抜けていくうれしさもありました。

自分が思っているプランと違うものを勧められることもなかったですし、5分遅刻したときも順番は遅くなりましたが施術してもらえました。

眉毛と眉毛の間まで照射機を当ててくれましたし、6回の施術が終わった後更新を続けるかどうかも聞かれませんでした。

待合室の茶色いソファはふかふかでしたし、テレビや本もあって時間をつぶすこともできました。

控えめに言っても大満足でした。

しかし、です。

だからこそ不満だったと言わざるを得ないのかもしれません。

美容脱毛のよくないところ

美容脱毛のよくないところは、まず一番に待ち時間の長さです。

それは、予約待ちもそうですし、当日もそうです。

予約待ちは、繁盛期である5-9月になるととても長くなり、2カ月近く空いたなんてこともありました。

予約時間は、10分前に行っても、予約時間ちょうどにはじまる(呼ばれる)ことはまずありませんでした。

そう、人気が故に人が殺到し、なかなか自分の番が回ってこないのです。

「他に気になるところございませんか?」と丁寧にやってくれる看護師さんがほとんどでしたが、中には素早く終わらせる看護師さんもいました。

別にそれだけで評価が下がるわけではないですが、少し寂しいなという気もしました。

それと、私の場合、3回コースか6回コースかで迷っていましたが、「効果を感じる方が多くなるのは4回から」というカウンセリングを経て、余裕を持った6回コースにしました。

ですが、私の剛毛がエリートすぎたのか、何回かパワーを据え置いたこともあった(普通は通うたびに照射機の出力を上げていきます)のか知りませんが、ちょうど効果が表れたころに終わってしまいました。

漫画でよくある「俺たちの戦いはこれからだ!」って感じでした。

さらに続けるなら、最低でも1万、また6回コースをするなら5万円でした。

そこで、とりあえず効果が実感できた私は、新しく更新することはしないで、しばらく様子を見ることにしました。

そして1年後。また生えてきました。

カウンセリングでもきちんと説明を受けましたが、「永久脱毛」とは、「施術の1か月後の毛根の再生率が20%以下」のことです。

要するに、全ての毛が一生なくなるわけではありません。

数年経てばまた戻ってきます。

ということで、私が1年間かけて行った脱毛の効果は、1年で半分以上なくなってしまったのでした。

美容脱毛のまとめ

もちろん、悪く言うつもりはまったくありませんし、この記事でケノンだけをほめたたえるつもりもありません。

家庭用脱毛器では体感することのできない少ない照射回数で最大の効果を上げるという点では、交通費や予約時間を差し置いても大きなメリットになります。

また、今回は話しませんでしたが、美容エステも、費用対効果が良いと評判のところもあり、必ずしも「家庭用脱毛器が一番安い」とは言えない状態にもなっています。

ですから、ここまでで「それでも美容脱毛が良い」と気持ちが傾いている方は、もう自分を信じて美容脱毛にした方が良いと思います。

この先の記事を読んでもおそらく考えが変わることはないでしょう。

しかし、ちょっとでもまだ迷っているのであれば、最後まで読まれることをお勧めします。

なぜなら、まだ肝心のケノンについてひとこともお話してませんからね!

家庭用脱毛器について

家庭用脱毛器とは

家庭用脱毛器とは、「主に自宅で用いるコンセント型の脱毛器」です。

通うことになる美容脱毛とは違い、自宅で使えるのが最大のメリットです。

その特徴は、家庭用のため安全に使用できるようにパワーが抑えられているという点t、家庭用脱毛器にも種類がある点です。

種類に関しては「レーザー脱毛」、「光脱毛(フラッシュ脱毛)」、「サーミコン式」の3種類があります。

こちらのサイトに詳しい比較がありますね。

私が使っている家庭用脱毛器

私が今回使ったのは「ケノン」という脱毛器で、種類はフラッシュ脱毛になります。

価格は69,800円でした。湘南美容外科のフェイス6回の49,680より2万円ほど高くなっています。

ケノンのいいところ1:自宅で気軽

まずケノンのいいところは、なんといっても「自宅で気軽に脱毛ができること」です!

これが最初にして最大のメリットです。

わざわざ美容外科や美容エステに通う必要がありませんので、その分の時間と交通費が浮きます。

最近は全国様々なところに施設がありますが、まだまだ施設によっては自宅から遠いところや、お金がかかるところもあります。

さらに、予約をする手間もありませんし、予約待ちも、待合室での待ちもありません。

空いている時間に「あ、今日やるか」みたいな感じで脱毛ができます。

脱毛自体の時間も広範囲でなければそれほど時間がかかるわけではありません。

特にケノンは、家庭用脱毛器の他の種類であるレーザー脱毛より広範囲ですし、安全性も高いです。

自宅で空いている時間に気軽に脱毛ができるというのは美容脱毛にはない大きなメリットです。

ケノンのいいところ2:全身に使う

メリットはまだまだあります。

もう一つのメリットは、「全身に使える」という点です。

通常、美容脱毛での全身脱毛は時間がかかりますし、費用もお高いです。

参考までに、湘南美容外科の女性パーフェクト全身6回コースで、298,000円 、ミュゼの女性全身脱毛コースは6回315,000円、アプリで半額にしても157,500円かかります。

そして、これらのプランには「顔」の脱毛が含まれません。

顔を除いた全身でこの値段なのです。

それに対してケノンは約7万円で全身に使用することができます。

確かに、無制限というわけではありませんし、背中など部位によっては自分ひとりでできないこともあります。

ですが、私は看護師さんやエステティシャンに裸の全身を見せる勇気はありません……。毛が気になって脱毛に行くのになんでその毛を他人に見られないといけないんですかと思ってしまいます。

その点、ケノンなどの家庭用脱毛器であれば、自分で脱毛を進めていくことができます。

ケノンのいいところ3:痛くない

メリットはこれで終わりではありません。

次のメリットは、「痛くない」という点です。

これは、私が使っているケノンなどの光脱毛器に限られることではありますが、痛みが軽減されていて、とても使いやすいです。

特に、照射の前後を保冷剤で冷やしていればほとんど痛みを感じることはありません。

これが、美容外科の脱毛や、家庭用脱毛器でもレーザー脱毛だと、痛いです。本当に痛いです。

美容外科で痛いとよくないところに書かなかったのは、「ケノンを知らなければ耐えられる痛さ」だったからです。

鼻の下なんて涙が出るくらいいたいです。「バチン!」とゴムで弾かれたと例える人が多いですが、まさにそんな感じです。

効果があるから痛みにも耐えられる。むしろ痛みがあっての効果だと当時の私は思っていました。

しかし、ケノンを使ってみるとびっくり。全然痛くないのです。丁寧に冷やせばその後炎症を起こすこともありません。

これはもう正直美容脱毛に戻りたくありません。わざわざ通って痛みを感じたくないのです。

他の家庭用脱毛器のレビューも見てみましたが、どうやら痛くないのはケノンだけみたいです。

他のは私も持っていませんし、どうだか知りません。しかし、ケノンは冷やせば痛くない。これだけは覚えて不安が少しでもなくなればうれしいです。

ケノンのいいところ4:自分以外も使える

さて、このままメリットを語り続けてもいいのですが、それだとアフィリエイトと変わらないので、そろそろさいごのメリットにいきましょう。

さいごのメリットは、「自分以外の人も使える」という点です。

そう、個人単位で登録するわけではないので、自宅で使える家庭用脱毛器は他の人も使うことができます。

ということは、それだけお得になるということです。

私は4歳下の弟と使うことにしたので、実質半額です。

さらに、家族で好きな場所の脱毛をすることができます。

家族も脱毛が気になっていて、「手だけ脱毛したいけどわざわざ通うほどではない」という方がいる場合などは、家庭用脱毛器のメリットが最大限に生かされます。

さすがに家族全員で全身脱毛をするとなるとすぐにカードリッジが消耗して交換が必要になってしまいますが、言ってもカードリッジは5,000円ほどで買うことができます。それでパワー最大レベルでも数万発は余裕でうてますので、費用対効果が恐ろしいことになります。

自分はたくさんの部位を、家族みんなで、使えば使うほどお得というわけです。

もはや最強ですね。

ケノンのわるいところ

さて、ケノンのわるいところですが、正直あまりありません。

強いて挙げるなら値段ですね。他の家庭用脱毛器と比較すると値段が高いです。

しかし、さきほどお話したように、美容脱毛ならその数倍はかかりますし、家族で分け合えば実質お得になりますので、そこまで気にならないと思います。

あとは、これはもう全部の家庭用脱毛器に言えることですが、「面倒」ということぐらいです。ケノンは十分手軽で、範囲が広いですが、やはりだんだん面倒に感じる人もいます。

やはりパワーが抑えられていてとにかく回数が必要になってくるので、最初のうちは変化が感じられず、すぐに飽きたり、諦めたり、やめてしまうということも多いかもしれません。

自分の劣等感というか、自分へのリスペクトを回復したいという気持ちよりも、ただ面倒くさいという気持ちが勝ってしまう方には、あまりオススメできません。

そういう方が、通いの脱毛におとなしく行くのかは知りませんが、面倒ならやらなければいいだけの話だと思ってしまいます。

それと、普通は洗面所か風呂場か自分の部屋かで脱毛をしますが、家族に見られると恥ずかしいという方もいると思います。私は気になりませんが、部位によっては、見られたら爆発してしまう人もいるかもしれません。

安心なのは使っていない風呂場だと思います。コンセントがあればトイレでもいいですし。

気にしない方が大半かもしれませんが、家族に黙ってこっそり自分だけ脱毛したいというのであれば、美容脱毛を選択肢に入れるのもいいかと思います。

あと、これは少し関係ないかもしれませんが、アフィリエイトや良いところしか書いていないレビューがくどいという点ですね。

人気商品であるだけにレビューも多いですが、そのほとんどがアフィリエイトという形で紹介を行っており、良いところしか書かないかわりに、そこから売れたら報酬をもらうという方式をとっています。

なので、それほど宣伝しなくても口コミだけで売れそうなものなのに、やけにギラギラしたレビューが目立ちます。

だってコカ・コーラはほとんどCMしませんよね?理由はたくさんあると思いますが、一つには宣伝を頑張らなくても勝手に飲む人は飲むからです。

ケノンもそうすればいいのに、どうしても「くどいな」という印象が否めません。

これだけ良いレビューや宣伝があると、逆に怪しく思えてしまいます。

だからこそ、私も最初は美容外科を選んだのです。

ここは買ってしまえば関係ないことではありますが、買う前のあなたであれば気になるところだと思います。

ケノン経過観察記

せっかく個人でレビューしますから、私の脚脱毛の経過を画像付きでお伝えしたいと思います。

0回目

まずは脱毛をする以前の脚です。見ての通り剛毛ですね。もじゃもじゃなっています。

上から見るとこんな感じ。これはすごい。一体どれくらい良くなるのでしょうか。今からが楽しみです!

毛を剃った後の山。閲覧注意(おそい)

1回目

早くも効果ありか!?いいえ、剃っただけです。

これはケノンを使ってから1週間後、2回目のケノンで毛を剃る直前のものです。次からの画像もそんな感じです。

2回目

1回目と比べると微妙に減っていますね!毛の伸びも遅くなってる気がします。

↓閲覧注意↓

ケノンを使う際の注意事項として、「ほくろには絶対照射しないこと」があります。ケノンを使う人はこれを守りましょう。私は「大丈夫でしょ!」と軽い気持ちでほくろにうったら超熱くて痛かった上、赤くなりました。

その後1週間ほどで茶色くなり目立たなくなりましたが、もう二度としないとほくろの神に誓いました。ほくろに照射するのはやめましょう。

3回目

これは!1回目と比べるとだいぶ減っているのがわかります!正直こんなに早く効果が出るとは思ってませんでした。

ですがまだまばらですね。

4回目

前回まばらになっていた部分を意識して照射したのですが、そんなに変わってないですね。それでもすねのあたりはだいぶツルツルになっています。

5回目

ツルツルー!に見えるのは画像加工のおかげだったりしたりしなかったり。

ですが実際にほとんど毛はなくなっています。

6回目

前回ほとんどなくっていたのに、新しい毛が出てきました。

それも当然。人間の毛というのは、表面に生えている部分は約3割しか占めないのです。残りの7割は寝ているか皮膚の中で育っているかのどちらかです。

つまり、表面的にツルツルになったからといって、照射をやめてはいけません。

とはいっても、今までは1週間ごとに照射してた部分を、2週間ごとに変えました。

パワーは違いますが、美容外科の6回コースならここで終了です。しかしケノンはまだまだ!!

7回目

7回目です。肌が微妙に赤くなっていますね。これはほうっておけばなおりますが、肌にダメージがある証拠なので、その場所の照射は避けましょう。

無理に急いでも良いことはありません。最低1週間は空けて、じっくり進めていきましょう。

8回目

8回目です。ここからが長い道のりのような気がします。4回目あたりから劇的な変化が感じられませんからね。

でも確実に脱毛が進んでいるのは確かです。

9回目:更新中

まとめ

ここまで、美容脱毛と家庭用脱毛器の違い、それぞれのいいところとよくなりところ、ケノンの経過観察記などをお話してきました。

この記事で言いたかったことは、「脱毛はいいよ!」ということでしたが、それは脱毛を「しなければいけない」理由にはなりません。

今まで通り、脱毛したい人がして、したくない人はしなくていいのです。

それでも、迷っているのであれば、この記事を読むことで少しでも決断の参考になれば幸いです。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

日々の生活によりよいを

ノリ

 - お悩み解決