半そではいらない?半そでVS長そで最終決着!!それぞれのメリット・デメリット

   

こんにちは!ノリです。

暑い日が続きますね。そんな日は半そでシャツだったり、長そでシャツをまくったりすると思います。

今この記事を書いている私は、長そでシャツをまくっています。

長そでは暑かったらまくれるのが便利ですよね。

そこでふと思ったのが、「半そで」と「長そで」はどっちが便利なんだろうということです。

私が持っている服だと、長そでの方が多かったです。でも、半そでが全くないというのは困りますよね。

そのため今回は半そでと長そでのそれぞれのメリット、デメリットを比較することで両者の対決に決着を付けたいと思います!

 

ルール

まずは服の範囲を決めます。下着で外に出かけることはないので、下着は今回の対決に含まないこととします。

シーズンは問いません。そして、日本の気候を想定します。これは当たり前ですよね。寒い国なら勝負にならないので!温度の想定については特に私の住んでいる名古屋の気候に因るところがあります。

今回はあくまでも半そでと長そでの対決ですから、タンクトップやノースリーブ(そでなし)は除外させていただきます。

上着も半そでの上着と長そでの上着がありますが、これもあまり重要ではないので除外します。

 

半そでのメリット・デメリット

涼しい

なんといっても一番のメリットはコレ!通気性の良い素材でできていることの多い半そでシャツは、暑い日にぴったりです!

吸収・速乾に優れた半そでは下着なしでそれ一枚で過ごせるため涼しいと思います。

私はあまりやらないのでよくわかりませんが。基本下に何かきていないと居心地が悪いタイプなのです。

 

着太りしない

袖が半分しかないので、重ね着が簡単で、着太りしません(この文字変換し辛い)。

ということは、夏以外でも使えるということです。寒暖差が激しいときは半そでに長そでを重ねることでスリムに温度調節ができます。

素材自体も薄めの軽めが多いのでどんどん重ねても大丈夫です!

 

かさばらない

たたんだときにかさばらないのも大きなメリットだと思います。シンプルライフにとって、モノの少なさはもちろん大切ですが、場所を取らないということも忘れてはいけません。

逆に言うと場所をとらない限りはたくさんモノを持っていても良いと思っています。

ただんでかさばらない半そではたくさんあっても困りませんし、部屋着としても使えるため便利です。

長そでのトレーナーやパーカーなどは非常にかさばりますからね。結構場所を取って厄介です。しかし、半そでならそんなことはありません。

部屋着として使う場合は、宅急便が来た時に下着姿だったらいけませんし。短パンとセットで使うのがオススメです。

 

コラボTシャツやイベントものが多い

いわゆるプリントTシャツってやつですね。

半そでには何かとイベントTシャツやコラボTシャツが多いと思います。なぜならそれは、たくさんあっても困ることがないから。

ユニクロやしまむらにあるコラボTシャツの多くは半そでです。また、グッズとしてのTシャツや、キャラクターものなども半そでが多いです。

着るも、飾るも自由です。

 

長そでのメリット

一枚だけで温度調節

半そででは重ね着をしなければできなかった温度調節が、長そでではまくるだけでできてしまいます。

おしゃれな7分袖にしてもいいですし、半分までまくるのもいいと思います。

そのため年中使うことができます。

 

日焼け対策

半そでだと日焼け止めを何度も塗らなければいけないところを、長そでならカバーできます。

それに半そででせっかく日焼け止めを塗っても汗をかくと流れてしまうことがあります。その点長そでなら日焼け止めは節約できるし、次に話すように汗の吸収もできるので便利です。

さすがに長時間の外出だと暑いですが、ちょっとだけなら長そででも十分行動できます。

 

汗を吸収できる

半そでだと肘より先の部分は汗をかくと水滴がどんどん下にたれてきてしまいます。

肘にあせもができる方もいますし、私も汗かきな部類なので、汗を吸収できるというのは結構なメリットです。

見た目の面でもだらだら汗を流しているよりは長そででビシッと決まっている方がかっこいいですね。

 

エアコン対策

真夏だと屋内ではエアコンがついていますよね。

でも、時にエアコンがききすぎてて、寒いということがあります。

そんな時に大活躍なのが長そでです。

下に服を着ているなら長そでを脱いでひざ掛けにできますし、そのまま着てからだを暖めることもできます。

特に、大学の講義室など、自分の位置が変えられない時に暖めるものがないと、真夏に凍えることになります。

そして、夏風邪の原因になります。そのため、寒くても調節できる長そでは欠かせないアイテムなのです。

 

ついに決着!

さて、ここまでで両者のメリットが出揃って来ました!

半そでには長そでにはないメリットがありますが、長そでにも半そでにはないメリットがあります。

悩んだ結果私が選んだのは……

 

 

長そで!!

 

ということで長そでの勝ちです!半そで派の方ごめんなさい!

今からちゃんと理由をお話します。

 

長そでが半そでに勝る理由

大は小を兼ねるではありませんが、長は半を兼ねます。

コラボTシャツとかはできませんが、半そでのメリットは長そででもある程度我慢できます。

しかし、日焼けや汗などはどうしても半そででは防げません。エアコンの寒さもいちいち上着を持っていくことになりますし、面倒です。

涼しいのはメリットかもしれませんが、下着で事足りてしまいます。

ということで、今回のルールを踏まえた上での判定なら、長そでに分があるという結論になりました。

 

まとめ

半そでは、

  • 涼しい
  • かさばらない
  • 着太りしない
  • コラボやイベントものがある

はメリットになります。反対に長そでのメリットは、

  • 温度調節
  • 日焼け対策
  • 汗対策
  • エアコン対策

でした。私の独断と偏見による慎重な協議(?)の結果、長そでの方が便利ということに決まりました!

私は今後の生活で半そでを減らしていき、長そでを増やしていくことにします。

もし異議ありという方がいましたらコメント、お問い合わせにぜひ!!

 

日々の生活によりよいを

ノリ

 - シンプルライフ