レビュー:「アーミー オブ ツー」画面分割プレイが楽しいTPS

   

こんにちは!ノリです。ゲーム紹介をやっていきます!!

今回紹介するのはPS3およびXbox360専用ソフト「アーミー オブ ツー」です!

決して「網汚物」ではありません。「ARMY OF TWO」です!直訳すると「二人の兵士」といったところです。

このゲームは友達とたくさん遊んだゲームのうちのひとつです。画面分割での協力プレイが最初から設計されていたので、システムとしても誰かと一緒に遊ぶことを特にオススメしたいゲームです。

さっそく見ていきましょう!

 

アーミー オブ ツーをざっくり解説

アーミー オブ ツーをひとことで説明すると、「暴れて、隠れる二人用TPS」です!

このゲームは一人で遊ぶこともできますが、友達、家族、同僚など誰かと一緒に遊ぶとより楽しめます!

オンラインサービスはもう終了していると思いますが、オフラインの画面分割で遊ぶことができます。

本作最大の特徴はアグロメーターと呼ばれるシステムで、これがただ暴れるだけでも、隠れるだけでもなく、相棒と協力して楽しむことができます。詳しいことは次にお話します。

 

ゲームの評価

システム:

アグロメーターというシステムがあり、これは敵からの注目度をあらわしています。

このゲージが高くなると、敵から狙われやすく、低くなると狙われにくくなります。

それじゃぁ狙われないように二人で隠れればいいのかというとそうでもないんです。

ほとんど場合、どちらかが囮(おとり)になって、目立つ必要があります。

しかし、目立つと悪いことばかりではありません。

オーバーキルというシステムがあり、ゲージが振り切れて目立ちまくると、一定時間ゲームがスローモーションになり、攻撃力が2倍になります。

ちなみにそのとき隠れている相棒は、ステルスとなり、移動速度が速くなります。

このシステムがゲームの鍵であり、全てだと言っても過言ではないというほど、深く関わってきます。

このほか、障害物越しに腕だけ出して銃を撃ったり、背中合わせで銃を撃つという映画のワンシーンのようなこともできます。

自動車のドアを取り外して盾にしたり、同時にスナイパーライフルで敵を倒すというのもあります。

他のゲームでは味わえない協力感でいっぱいです!仲良くなること間違いなしでしょう。

武器のカスタマイズもなかなか楽しいですし、相棒を殴ったり握手することができて、それも楽しいです。

 

音楽:7

音楽も映画っぽくて、壮大なものになっています。

雰囲気をとても盛り上げていると思います。

映画のトランスフォーマーに似た雰囲気をちょっと感じます。

 

グラフィック:7

PS3ではなかなか良いグラフィックだと思います。最新機種には劣りますが、それでも遊んでみると全く気になりません。だいぶ綺麗な方です。

 

ストーリー:6

ストーリーはあまりちゃんと理解せずにやっていたところがあるので、よくわかりませんが、ちゃんとしたストーリーはあります。

ただストーリーは特に理解していなくても楽しめるので、どちらにせよいい事です。

 

遊びやすさ:6

友達さえいればという感じです。一人で遊んでももちろん楽しいのですが、コンピュータに支持を出すのは面倒ですし、あまり緊張感がありません。

10時間ほどでクリアできるので、サクッと遊べます。

値段も中古なら1000円くらいからあるので、友達と家で遊ぶ用のゲームがないときは、これをオススメします!

 

総合:7

ボリュームがもうちょっとあるといいかなと思いましたが、ストーリーもしっかりしているみたいですし、もう一度やってみようかなと思っています。

既に2,3周はしたんですけどね。アクションや一緒に遊ぶ人とのやり取りが楽しくて内容をほとんど覚えていません(苦笑)。

不満な点は、最後のあたりがやけに難しかったことくらいです。

何度もやり直して楽しめるのも友達となら魅力のひとつでしょう。

一人でやっていたら心折れていると思います……。

 

こんな人にオススメ

  • 一緒に家で遊べる人がいる(最重要)
  • 派手に暴れることも、ステルスミッションも両方やりたい!
  • 仮面が好き

 

まとめ

最後に入れた「仮面が好き」というのはどこでお話しようか迷った結果、ここで話すことにしました。

主人公と相棒の二人がつけている仮面は、ゲームが進むと様々なものに変えることができます。

ボウリングの玉みたいで面白い柄がたくさんあるので、仮面好きにはもってこいです!

仮面好きがいるのか知りませんが……。

 

日々の生活によりよいを

ノリ

 

 

 

 - ゲームレビュー