「あとでやる」を治す!即効でやる気を出す方法

      2017/06/21

こんにちは!ノリです。

あなたはやる気が出なくて悩んでいるということはありませんか?

やる気がない状態というのは誰にでも起こるので安心してください。

でも、やる気がないと何でもかんでも後回しにしてしまいますよね。

宿題とか、課題とか、仕事とか、やりたいことを優先してしまって、やらなければいけないことがどんどんたまっていってしまうのがつらいと思います。

ということで、今回はやる気が出ないときに使えるアドバイスを紹介したいと思います!

やる気を今すぐ出したいという方は次からお話することについては読み飛ばしていただいて結構です。

 

つい先延ばしにしてしまう人

あとでやるの例

どうしてやる気が出ないと先に延ばしてしまうのでしょうか。

例としては、面倒なこと、やりたくないことが多いです。

先ほど挙げた宿題や課題以外にも、掃除や料理など、様々なことを先に延ばしてしまいます。

何か重要なことがあって、優先順位をつけているなら問題はないのですが、そうでなくなんとなく先延ばしにしているなら注意が必要です。

というのも、「ギリギリになってからじゃないとやらない」、または「いつまでたっても結局やらない」ということになってしまうからです。

 

どうして先延ばししてしまうのか

それでは、どうして先延ばしにして、あとでやると思ってしまうのか考えていきます。

主な理由は

  • 時間がかかりすぎる
  • 別に緊急ではない
  • 他にやることが多すぎる
  • 体力的な余裕がない
  • やる気がない

くらいだと思います。

特に、やる気が出ないというのは大きな問題だと思います。

なぜなら、解決するやる気も出ないのですから、問題が長期化することが多いからです。

たとえるなら、医者が風邪を引いているという感じです。診る方が疲れているのですから、解決できませんよね。

つまり、このやる気がでない問題を解決しなければ先延ばしやあとでやるが長引いてしまうのです。

しかし、そんな時に役に立つツールがあります。

 

やる気の出るアドバイス

外部リンク:やる気の出るアドバイス – NISHIO Hirokazu

それはこちらのツールです。ツール?サイト?サービス?どう紹介していいかよくわかりません。

これはやる気が出ない問題を解決することができるツールで、解決の成功率をデータとして収集するために無償で提供されています。

アドバイスによってやさしく、時には厳しく問題の解決に導いてくれます。

 

やる気の出るアドバイスの使い方

使い方は簡単、二択の質問に答えていくだけです!

正直に答えるのが解決への近道です。というか嘘をついても自分の得にはなりません。

なるべくなら、早くやる気を出したほうがいいです。だんだんと質問が厳しくなってくるので。それはやってみればわかります。

ちなみに、否定的な答え(右側)を選び続けると、問題は解決できませんと言われます。

このツールは元気なときにではなく、疲れている時にこそ真価を発揮します。

なので、元気なときは自分で考えるというのもひとつの手です。

 

使ってみての感想

やる気が出なくて、先延ばしにしてしまっている場合に、このツールはとても役に立ちます。

しかし、このツールを使ってもやる気が出ない、むしろ元気がなくなるという人もいるみたいです。もしこれを使ってもやる気が出なければ、このツールが合わないだけなので、あまり無理しなくてもいいと思います。

自己管理なら「SELF」というアプリでもできますからね。

「SELF」に美少女AIが登場!でも3日しか記憶がもたないって!?

でも、私にはなかなか合っていたようです。ごくたまーに利用しています。

 

おまけ:やる気の出る名言

最後に、やる気の出る言葉をいくつか紹介しておわりにしたいと思います。

あなたに出来ること、
出来ると夢見たことが何かあれば、
それらを今すぐ始めなさい。
向こう見ずは天才であり、魔法であり、力です。
さぁ、今すぐ、始めなさい。 ―ゲーテ

向こう見ずは天才、元気が出る言葉ですね。時には後先考えずに前に進むことが必要なこともあります。

また、こんな言葉もあります。

止まりさえしなければ、どんなにゆっくりでも進めばよい。 ―孔子

たとえゆっくりでも前に進んでいけるなら、それでいいと思うんです。先に延ばすのはあまりいいことではありませんが、少しでもやれたら自分を褒めるくらいしてもいいと思います。

最後に、こちらの言葉を紹介します。

難しいからやろうとしないのではない。やろうとしないから、難しくなるのだ。 ―セネカ

難しい、面倒だと思っていることでも、はじめてしまえば意外と簡単なものです。

はじめの一歩を踏み出して、少しでもいいからやってみることをオススメします!

 

まとめ

即効でやる気を出すには、自分だけの力ではなく、ツールを使うといいと思います。

本当は他人に相談するのが一番ですが、いつでも時間が空いているというわけではありませんし、あまり暗い話を長々とされても困ってしまいます。

だから、このツールで機械にお願いするというわけです。

やる気さえ出れば、先延ばしは減ると思います。

ぜひやる気を出して、どんどん課題をこなしていきましょう!

もちろん、時には休むのも大切です。

 

日々の生活によりよいを

ノリ

 - お悩み解決