ゲームが時間の無駄と思うなら「ビジネスマンと釣り師の話」を思い出せ!

ゲームマインド
ノリ
ノリ

こんにちは!ノリです。

ラス
ラス

ラスだよ。たまにツッコむよ。

 

 

以前、こちらの記事を書きました。

ゲームが「時間の無駄」と思う人は人生も無駄にする。その理由とは
ゲームを時間の無駄に感じてしまうあなたに。

その記事でお話したことは、

「ゲームと人生は似たようなものなのでゲームを無駄だと思うのは損!」ということでした。

詳しく知りたい方はぜひお読みください!

今回はそれの続きで、面白いことに気が付いたのでシェアしていこうと思います。

何なのかというと「ゲーム」と「ビジネスマンと釣り師の話」に大きな共通点があるということです。

あなたは「ビジネスマンと釣り師の話」を知っていますか?

ラス
ラス

いんや

「ビジネスマンと釣り師の話」と言われても大半の人はピンとこないかもしれません。

でも、この話がゲームが無駄か考えるにあたってとても大切なのです。

ラス
ラス

ゲームは時間の無駄じゃない

そう!ゲームは時間の無駄じゃない!

ではさっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

ビジネスマンと釣り師の話に学ぶ

さっそく「ビジネスマンと釣り師の話」をしていきます。

この話は「ゲームが時間の無駄か」考えるのに非常に役に立ちます。

2~3分で読める短いお話です。

ビジネスマンと釣り師の話

あるところに、腕利きのビジネスマンと、つつましい生活を送る釣り師がいました。

釣り師が魚を釣るのを見て、ビジネスマンはこう言います。

「もっと多く魚を釣れる方法を知っている」

ビジネスマンは営業をしてお金を稼ごうとする算段です。

釣り師は、「もっと魚を多く釣ったら何になるんだ?」

とたずねます。

ビジネスマンは少し疑問に思いながら「そうしたら余った魚を売って儲ければ良い」と言いました。

いっぽう、釣り師も疑問そうな顔をうかべながら「売って儲けてそのあとは?」とたずねます。

「儲けたお金で人を雇ってその人に釣りをさせればいい。」とビジネスマン。

「そのあとは?」と釣り師。

「高性能なボートを買ってもいいし、事業展開してもいいし、事業を売却してもいいし、そのあとだっていろいろ……」

「つまり何が言いたいんだ?」釣り師はイライラしはじめました。

ビジネスマンは単刀直入に言います。「つまり、億万長者になれるということです」

釣り師はこう返します。「億万長者?なってどうするんだ」

ビジネスマンは苦笑いしながら「お金があれば毎日のんびりと過ごせて、釣りが好きなら釣り、家族と過ごしたいなら家族と過ごす。好きなことができます。」

釣り師は言いました。「それなら今と同じじゃないか。」

 

この話から学べること

いかがでしたでしょうか。

ラス
ラス

釣り師かっこいいね

この「ビジネスマンと釣り師の話」からは学べることがたくさんあります。

そのひとつが、「いまの生き方」です。

ビジネスマンは、基本的に「将来のために今がまんしてお金を稼げばなんでもできる」と思っています。

一方釣り師は、「今の暮らしに満足しており、無理のない生活が送れたらそれでいい」と思っています。

どちらの生活が良いとか悪いとかの話ではありません。

ビジネスマンの生き方も釣り師の生き方も両方大切です。

さて、「ゲームは時間の無駄か」という話でした。

ビジネスマンと釣り師に当てはめるとどちらの考えでしょうか。

ゲームに当てはめる

「ゲームは時間の無駄」と考えるのは、ビジネスマンの考え方です。

将来ゲームがたくさんの暮らしができるように今努力すべき」という考えで、そのために将来を犠牲にして努力のために「ゲームは時間の無駄」だと割り切ります。

その考え方はもちろん大切ですが、釣り師はどうでしょう。

釣り師の考え方だと、「将来できるかわからないのでいまやりたいゲームをやる」という考えです。

そのゲームは将来サービス終了になって遊べなくなるかもしれないですし、遊んでいる人が少なくなり話題にならなくなるかもしれません。

それならばわざわざ我慢する必要はなく、「遊びたいと思ったときに遊べばいい」と割り切ります。

ビジネスマン的に考えるならば、「ゲームは時間の無駄」と思うかもしれませんが、釣り師ならば「ゲームは時間の無駄ではない」のです。

どちらを大切にするか?

「将来ゲームをするために今諦めて努力する」か、「今できるだけゲームをする」

結局はどちらを大切にするかによって「ゲームは時間の無駄」かどうかが決まります。

私はもっぱら「今できるだけゲームをする」の考えでしたが、最近「将来のために今ゲームをしない」という考えもアリだなぁと思うようになってきました。

持続可能性

将来のために今を犠牲にするというのは、「持続可能性」に注目した結果です。

持続可能性とは、「どれだけその状態を続けることができるか」という意味です。

たとえば1日の大半をゲームをして過ごすと、親課誰かの助けを借りない限り生活が苦しくなり、いずれゲームができなくなってしまいます。

つまり、「1日の大半をゲームして過ごす」ことは、持続可能性が低いといえます。

持続可能性を高くするには、単純にゲームをする時間を短くすればいいのですが、いまを犠牲にしてまで将来のために努力する必要はないです。

将来もいまの延長ですし、いまを犠牲にしてボロボロになってしまったら本末転倒です。

例えば、将来「海外旅行に行きたいから必死に仕事をして稼いだけど、心身を病んでしまった」とか、「趣味をやろうと思ってひたすらお金をためていたら、趣味をやる時間がなかった」とかはいまを犠牲にすると起こりがちです。

最大持続の最大幸福

ではどうすればそうならないようになるのかというと、ずばり「中庸」です。

要するにバランスをとればいいのです。

ゲームがしたいなら、「現在の生活状況にあった時間だけゲームをすれば良い」ということになります。

将来もいまも犠牲にしないいいところの時間だけゲームするのです。

そうすれば時間の無駄にはなりません。

「より長い間たくさん幸せになれるように」言い換えると、持続可能性を伸ばすとともに、幸福を最大化するのです。

「最大持続の最大幸福」です。

私は現在この考え方で人生を生きていて、幸せに過ごすことができています。

悩みもなくはないですが、以前と比べると格段に少なくなりました。

仕事を頑張ったり、ブログや投資をしたりしていますが、ゲームも楽しんでいます。

ゲームが無駄だと少しも思いませんし、私はゲームと仕事その他は両立できると思っています。

まとめ

「将来のために今努力する」ビジネスマンの考え方と、「いまを楽しむ」釣り師の考え方をご紹介しました。

その上で「ゲームは時間の無駄じゃない」でよりよい生き方を考察してきました。

その中で出てきたのが、2つの考え方のバランスをとる「中庸」と、より長くたくさん幸せになれるという意味の「最大持続の最大幸福」でした。

これは私自身の生き方であり、過去の私のように「ゲームが好きなのに無駄に思えてしまった」と悲しんでいるなら、きっとこの生き方が役に立つはずです。

私は現在、「ゲームと中庸」を軸に、自身の生き方を提案し、読者のあなたによりよい日々を提供できるように試行錯誤中です。

ツイッターで発信もしているのでよければフォローいいねよろしくお願いします!

それではここまでお読みいただきありがとうございました!

日々の生活によりよいを

ノリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました