ゲームは時間の無駄じゃない。だってそれは〇〇だから!

   

ゲームとは、不必要な壁をわざわざ乗り越えるべく努力する営みのことである。-バーナード・スーツ

こんにちは!ノリ(@halo_transcend)です。

いきなり意味ありげな引用からはじまった今回の記事。

ゲームやってますか!やっていましたか!

私はゲームやっています!PS4でもブラウザでもSTEAMでもスマホでも3DSでもSwitchでも、日常生活に支障がない程度にやっています。

もちろん色んなゲームをやっていて楽しいんですけど、時々「もしかして時間の無駄なんじゃないか?」と思うときってありますよね。

今回はそんな人のために書いていきたいと思います。

また、自分がもし誰かに対して「ゲームは時間の無駄だからやめさせたい」と思っているなら、それをもう一度考え直してもらうためでもあります。

結論から言うと、「ゲームは時間の無駄じゃありません!無駄に思っても良いことありません!」ということです。今から順にその理由をお話していきます。

 

ゲームは時間の無駄なのか

ゲームとは

この記事でのゲームとは、一応液晶画面を見て遊ぶタイプのゲーム、つまり家庭用ゲームや携帯用ゲームを指しますが、他のボードゲームやトランプ、スポーツなどにも言える話です。

さて、広い目で見たときにあなたにとってゲームとは一体何でしょう?

暇つぶし?

面白いから?

それとも惰性でしょうか。

これらは、ゲームをする理由ですね。

もっとゲームそのものに与える定義のようなものを考えてみます。

といっても、ここは先人の力を借りることにして、Wikipediaに登場してもらいましょう。

 

ウィトゲンシュタイン(哲学者)はルールや競争をキーワードにしています。しかし、必ずしもこれに当てはまるとは限らないともしています。

カイヨワ(人文学者)は

  • 楽しみのために行われること
  • 時間と場所が区切られていること
  • 勝敗が不確定であること
  • 何かを生産するものではないこと
  • ルールに支配されること
  • 現実の活動から意識的に切り離されていること

これらをゲームの参加者が知っていることであるとしています。

 

正直、よくわかりませんよね。もっとすっきりとした定義はないのでしょうか。

 

そこで見つけたのが、冒頭で引用した定義です。

ゲームとは、不必要な壁をわざわざ乗り越えるべく努力する営みのことである。-バーナード・スーツ

これなら、どのゲームでも当てはまりそうです。

ルールや競争は問題ではありません。必要かどうかが大事なのです。

 

ゲームは必要なのか?

ゲームが不必要な壁を越えるため努力するだけだったら、「ゲームは必要なのか?」という疑問が当然出てきます。

ですが、「ゲームは必要ない。だから時間の無駄なんだ」としてしまうのは早いです。

まずは、「ゲームが必要かどうか」というところからみていきます。

ゲームが必要な方とは誰でしょう。例えばギャンブル依存症の人であれば、ゲーム依存症の方がマシと思って必要かもしれません。両方に依存してしまうかもしれませんが。

入院中の人はどうでしょう。ゲームをすることもできますが、本も読めますしラジオも聴けますね。

ゲーム会社に勤めている人は?ゲームを作っている人にとっては収入源ですから必要でしょう。しかし、別にその仕事でないとすぐに命を落とすというわけでもなさそうです。

つまり、「ゲームは(生きる上で必ずしも)必要ない」ということになります。

あらら。

 

必要ないから時間の無駄なのか

先ほどで「ゲームは必要ない」という結論が出てしまいましたが、だからといって「時間の無駄」と結びつけるのはやっぱりまだ早いです。

確かに、日常生活で私たちは「必要ない」ものを「ムダ」とすることが多いです。

「必要」の程度にもよりますが、「生きていくための最低限」だとすると、ほとんどのことが必要なくなってしまいますよね。

ということは、先ほどの論理でいくとゲームどころかほとんどの活動が時間の無駄になってしまうわけです。

顔を洗うのも無駄ですし、ファッションも無駄、食べ物を選ぶのも無駄、どこかのスタンド使いが叫びそうなくらい無駄のオンパレードになってしまいます。

その先に待っている結論は「生きることも無駄」です。

そこまで行っても何もないでしょう。

 

ゲームは人生だ!

ゲームと人生の関係

「必要」の定義をさらに広げると、「必ず要する」ということですね。これは「誰にとって」、「何にとって」という言葉を補わなければ成り立ちません。

「私がゲームすることは私にとって必要」と言えばそれでおしまいなのです。みもふたもないでしょう。

確かに、「知らない誰かにとって私がゲームをすることは時間の無駄」と思うかもしれません。もっと言えば、「地球にとって私がゲームすることは時間の無駄」と思ってもいいでしょう(地球が時間の無駄と思うのかという疑問はおいておいて)。

これは、そっくりそのまま人生にも当てはまることです。

「私が生きることは私にとって必要」これは当然ですよね。でなければ今キーボードをたたいていません。

「知らない誰かにとって私が生きることは時間の無駄」かもしれませんし、「地球にとって私が生きることは時間の無駄」かもしれません。

生きるだけだったら誰でもできます。生まれたときから常に最低限の生活をしてきた方もいることでしょう。ですが、本人にとっては必要でも、地球や宇宙などより大きな視点から言えば、

「不必要な壁をわざわざ乗り越えるべく努力する営みのこと」というだけかもしれません。

ゲームは人生で、ゲームは人生。哲学的ですね。

 

ゲームの否定は人生の否定

極論を言ってしまえば、ゲームを否定するのは、人生を否定するのと同じです。

ゲームだけが時間の無駄で、その他の活動が時間の無駄ではないなんて言うのはおかしいですから。

それに、意味(時間の無駄だと思うかどうか)を持つのは本人以外にあり得ないのですから、自分が時間の無駄と思えばそうですし、そう思わなければそうではないのです。

「ここまで読ませておいてなんだその結論は!」と思うかもしれませんが、私は他にいい回答が思いついていません。

でも、時間の無駄かどうかは本人次第だとしても、時間の無駄と思うことは明らかに健康上、デメリットしかありません。

そのことを最後にお話しします。

 

時間の無駄と思うことの弊害

ゲームを時間の無駄と思うと、多くの場合「後悔」が生まれると思います。

しかし、誰もがすっかり忘れてしまうことを除けば、過去は変えられません。変えられるのは解釈のみです。

「ゲームをしていた自分」を時間の無駄だと解釈したことになります。

しかし、そんなことをして何の意味があるのでしょう。

まず第一に、後悔の気持ちで前に進むことができるかもしれませんが、それではもう時間の無駄と思うことはできなくなります。「ゲームをやっていた自分は時間の無駄だと思うけど、それがあっての今の自分なので無駄じゃない」ということです。

そうでなければ、後悔の気持ちで止まるどころか、後ろに下がってしまうことがほとんどです。それで体調を崩すならゲームをしていた方がいいでしょう。

ゲームをやるとやる以前よりひどくなる」という人もいると思います。でも、ゲームをやらなかったらもっとひどくなっていたのかもしれませんし、変えられない過去ではなく、「次はしない」と思って行動すればいいだけです。あまりにもひどければ病院に行きましょう。別に恥ずかしくないです。

世界保健機関(WHO)もネットゲーム依存症を疾病として扱う予定です。

でも、私はゲーム依存症よりも、ゲームを時間の無駄だと思う発展で人生が時間の無駄だと思ってしまうことの方がよっぽど良くないと思います。

依存症は、言ってしまえばそれに逃げることで最低限の健康を維持しているわけですからね。逃げなければもっと恐ろしいことになるのですからやむをえません。

 

まとめ

まとめると、ゲームは「不必要な壁を越えるために努力すること」であり、その意味で人生と同じです。

ゲームを時間の無駄と思うかどうかははっきり言って本人次第ではありますが、基本的に時間の無駄と思って良いことはありません。

たとえゲームを時間の無駄と思って悪いことがなかったとしても、その考えを他人に押し付けるのは間違いなく悪いことでしょう。

ゲームは時間の無駄じゃない!だってそれは、人生だから!!

さぁ、ここまで読んで安心できた方はゲームに戻ってください!

安心できなかった人については、もういくつか記事を書きたいと思っていまうので、そちらもお待ちいただければと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございます!

 

 

日々の生活によりよいを

ノリ

 

 - がっつりゲームから学ぶ