レビュー:「おいでよどうぶつの森」でのんびりスローライフ

      2017/07/10

こんにちは!ノリです。

最近は本当に暑くなってきましたね…(記事投稿時6/29)。

私はデスクトップパソコンを使ってブログをやっているので、なんだか余計に暑い気がします。

3階建ての3階でやっているというのも影響しているかもしれません。とにかく暑い。

いつものようにゲームをやっていても、あまり集中できません。

そういう時は気分を一新、リラックスできるゲームをやってみるといいということに最近気づきました。

ということで急遽ブックオフ(古本屋)で買いなおした「おいでよどうぶつの森」。

久しぶりにやってみたらまたハマる面白さだったので紹介したいと思います。

 

おいでよどうぶつの森とは

おいでよどうぶつの森は、任天堂が開発、発売したニンテンドーDS専用ソフトです。

どうぶつの森シリーズとしては4作目で、これまでと違う完全新作、そして携帯用ゲームとしては初の作品になります。

DSを代表するロングセラータイトルであり、その売り上げは世界で1000万本を超え、DSで最も売れたゲームベスト10に入るくらいの超人気作品です。

私はどうぶつの森シリーズはこの作品しかやっていないので、他の作品と比較することはできませんが、個人的に良いと思ったところをどんどん紹介していこうと思います。

 

おいでよどうぶつの森をざっくり解説

おいでよどうぶつの森はひとことで言うと「のんびりスローライフ」です。

どうぶつの森シリーズ全体に言えることだと思いますが、現実世界とは違ったどうぶつの住民たちとのんびり生活するというのはとても癒されます。

以前紹介したマインクラフトは夜になるとモンスターが出てくるのでそうそう平和とは言えないんですよね。家破壊されますし。難易度をピースフルにすれば出ないんですけど、それはそれで寂しいです。

ゲーム紹介:マインクラフト(PC版)

それに対して、どうぶつの森なら平和にまったり過ごすことができます。

それがどうぶつの森最大の面白さではないでしょうか。

スマブラにも参戦して暴れているようですが、やはり「むらびと」にはのんびりが似合いますね。

 

ゲームの評価

システム:

どうぶつの森で特徴的なのが、現実の時間と対応していることです。

正確には本体であるDSに設定された時間ですが、その時間が正しければ、現実で朝7時だとどうぶつの森の世界でも朝7時なんです。

これが、なんというか面白いんですね。

夜遊ぶとちゃんと夜になっていますし、自分がまるでそこにいるかのように感じます。

このゲームをやっていたのが確か小学校高学年のときですから、平日は部活で、だいたい夜にしか遊べませんでした。

だから休日になると朝早起きしてやっていた記憶があります。なつかしい。

 

スローライフと言っても何をすればいいのかわからない方もいるかもしれません。

住民と会話するもよし、釣りをしたり虫をとったりしてお店で売ってもいいですし、博物館に寄贈してもいいですし、家に飾ってもいいですし、楽しみ方はたくさんあります。

私は博物館の二階でテキトーに星をつなげて新しい星座をつくるのが好きでしたね。「ぴ座」とか、いろいろやっていました。実際空にその星座が見えるとなんだかうれしいかったのはいい思い出です。

博物館といえば地価にはバーがあって、土曜日は「とたけけ」という人(犬か)がライブをやっています。

毎週割りと楽しみにしていました。新しい曲を聴くと、その局を家で流すことができるようになるので。

とにかく、たくさんの楽しみ方があるということです。

 

音楽:

先ほど少しだけ触れた音楽ですが、音楽も時間に対応していて、1時間ごとに別の曲が流れます。

たとえば、夜8時には夜8時の曲があるのです。これが当時の私には衝撃的でした。

どれだけその曲が好きでも、最大1日1時間しか聴けないのです。

それが、時間は逆戻りしないんだということを実感させられて、とても複雑な気持ちになったものです。

私が特に好きなのは午前9時です。あなたは何時が好きですか?

グラフィック:7

何点を付けようか迷いますが、高得点ばかり連発するのもあれなので、控えめにしました。

しかし、個人的には十分満足しているという意味で10点満点です。でも、魚をもっとよく見られたらいいなとは思いました。

カメラアングルはあまり変えられなくて、せっかく博物館に寄贈しても見えにくくてこれなら自分の家に飾ればよかったと後悔した覚えがあります。

 

ストーリー:3

ストーリーは特にありません。あるとすれば、主人公が家をローンで支払っているということ、住民との会話くらいです。

泣ける!とか感動する!とかいうのとはちょっと違う、落ち着いた雰囲気のゲームなので、全く気にならなったです。

 

遊びやすさ:6

私がブックオフで買ったのは箱なし説明書なしで175円でした!安い!

Amazonだと送料含めて400円くらいで買うことができそうです。

 

総合:

全体的に面白いゲームです。ゲームというと敵を倒したり、課題をクリアしたりということばかりなので、こういうリラックスできるゲームは貴重です。

特に現代ではこういうまったりした生活も大切ではないでしょうか。

自分だけの時間を持つのにも向いています。

 

こんな人にオススメ

  • なつかしくてこのソフトをまたやりたい
  • のんびりゲームをしたい
  • リセットさんの説教を聞きたい(笑)

 

まとめ

久しぶりに買ってやってみましたが、相当面白いですこのゲーム。

ただひとつ難点があって、それは放っておくと雑草だらけになってしまうことなんです。

牧場物語のコロボックルみたいになんかお手伝いをしてくれる人がいたらよかったなぁと思いました。

ラフレシアが生えるとやる気をなくしてしまいます。

でも、自分がどうぶつの森の世界にいなくても、そこではちゃんと時間が流れているんだと思うとなんとも言えない気持ちになりますよね。

その感覚を大事にしたいものです。

 

日々の生活によりよいを

ノリ

 - ゲームレビュー