ミニレビュー:「スーパーマリオ オデッセイ」二人で遊ぶと楽しさ倍増だよっ!!

      2017/12/09

こんにちは!ノリです。

ついに発売しましたね!『スーパーマリオ オデッセイ』!!

雨の中予約したソフトを受け取りに店頭まで行った甲斐がありました。

これ、超面白いです。

私はこのゲームについてあまり詳しく知りませんでしたが、PVやCMでみていましたので、「今までと違うマリオなんだなぁ」と思うくらいでした。

なので、初めて遊んだときは衝撃だらけでした。

「人間が結構馴染んでる」「2Dの場所もある」「変身が楽しい」などなど。

何よりびっくりしたのが、「実は二人で遊べる」という点です!

そこで、今回はこの点に注目していきながらレビューをしていこうと思います。

 

おさらい:スーパーマリオ オデッセイって?

スーパーマリオオデッセイは、2017年10月27日に発売されたニンテンドースイッチ専用ソフトです。

またも「ピーチ姫」をさらう「クッパ」。今回の目的はなんと結婚!?

世界中を巻き込む結婚式の準備を阻止しようとするのは伝説の配管工「マリオ」と、同じく妹の「ティアラ」をクッパにさらわれた帽子の「キャッピー」!

飛行船「オデッセイ号」に乗り込んだマリオとキャッピーは、クッパを追うため(とある地球の)世界中を旅します!!

というのが大まかな内容です。

旅を勧めるにあたって、オデッセイ号の原動力である「パワームーン」が必要となります。世界各地にあるパワームーンを集めながらステージを進めていきます。

 

2Pは相棒キャッピーを操作!

はじめてのパワームーンの画像

▲左からキャッピー、パワームーン、マリオ。

 

二人で遊ぶときは帽子のキャッピーを操作します!

JoyーConをおすそ分けすることで本体1台でも2人で遊ぶことができます。

キャッピーができることは、飛び出して攻撃ジャンプのサポートなどです。

また、1人で遊んでいる時のようにマリオがキャッピーを投げることもできます。

キャッピーは体力が存在しないので、主にマリオの支援をしていくのがその役目になります。

「キャプチャー」をしたときはマリオが操作しますが、キャッピーは相変わらず飛び出すことができます。

また、2Dの場所では、キャッピーがマリオを持ち上げることができます。これにより、若干浮遊ができます(笑)

マリオ オデッセイ 2Dモードの画像

▲土管に入るとドットのマリオに変化!

 

2人で遊んだ感想

正直、侮っていました。

色々変身して旅をするのが売りですから、変身やマップの量によってはすぐ飽きてしまうのではないかと。しかし、そんな心配をする必要はありませんでした!

とても楽しく遊ぶことができて、ゲームの最中はほぼ笑いっぱなしでした。

 

マリオ オデッセイでの毒は即アウトの画像

▲すぐまわる(毒が)

 

たとえば上の画像の場所は「キラー」をキャプチャーして進んでいくのですが、その操作の難しいのなんの。

あらぬ方向へ進んで行き、壁にぶつかり毒の沼に沈み、ミスに。

数回続くので、コントローラーを交代してやってみるとその難しさを体感して笑うしかありませんでした。

1人でやっていたらしかめっ面になる局面も、2人なら笑いながら遊べてしまうんです!

 

ニンテンドーの粋な計らい

もともとニンテンドーは家族をターゲットにしてきたところもあり、そのあたりのバランスは非常によくできているなと思いました。

ミスをしてもコインが減るだけで簡単にはゲームオーバーにならないので、ストレスなく楽しむことができます。

また、2人で遊ぶということで、遊ぶ人の相性や性格によってだいぶ楽しみ方が変わるのでそこも面白いと思います。

たとえば、コインを取るのも敵を倒すのも全てキャッピーに任せちゃう「マリオ天下」なコンビでも良いですし、逆にキャッピーがものすごく臆病で全然飛び出さず、マリオが全部やっている「びびりキャッピー」コンビでもきっと楽しめます。

私にとっては、2人で遊べるマリオといえば「スーパーマリオワールド」で、3Dのマリオといえば「マリオ64」ですが、その2作のいいとこ取りをしたような感じです。

一緒にひとつの画面をみて遊ぶ様は、外の世界と隔絶されているように感じそうなVRとはまた違う良さですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。スーパーマリオ オデッセイは間違いなく「2人用ゲーム」です。1人で遊んでいる方には申し訳ないですが。

でも、スイッチ持ってて、マリオ持ってるなら「一緒に遊ぼう」って言えば向こうからしてみれば断る理由がないでしょう(笑)

それくらい面白いゲームです。いや、私がゲームのこと悪く言うことほぼないですけど。

 

 

日々の生活によりよいを

ノリ

 - ざっくりゲームレビュー