「なにもしない」を恐れないことの大切さ。

   

こんにちは!ノリです。

雨で外に出かけられないとき、何かいやなことがあったとき、なんとなく調子がよくないとき、そんな時、なにもしたくないって思いませんか?

しかし、同時に「なにかをなければいけない」とも考えると思います。

でも、私は何もしたくなければ何もしなくていいと思っています。

今回は、そんな何もしないことの大切さについてお話していきます。

 

何もしたくないとき

人には誰だって、何もしたくないときというものがあります。

以前話したやる気が出ないというのもそうですし、悩むというのもそうです。

「あとでやる」を治す!即効でやる気を出す方法

悩む時間は無駄じゃないよ!考えてしまう人だって精一杯生きてるんだという話

なんとなく身体がだるいとか、気分が落ち込むとか、調子が悪いというのは周期的であるかもしれませんし、その場限りのものかもしれません。

なんいせよ、そういうときに無理に何かをするのは良くありません。

たとえば、インフルエンザで寝ているのに勉強をしなきゃいけないなんてことはないと思います。

自分のパフォーマンスを上げるために、どうせなら休むだけ休んで、回復させた方がいいです。そうしないとどんどん悪化して、元気がなくなっていくかもしれないからです。

しかし、なかなかこの「休む」ということが難ししのです。その理由を次にお話します。

 

スマホをやってしまう

休む、つまり何もしないということが難しい理由は、スマホをついさわってしまうからです。

スマホには今までにない多くの特徴を持っています。

その中で代表的なのが、色んなことができることと、持ち運びしやすいことと、すぐはじめたりやめたりできることです。詳しくはこちらの記事にあるのでよければ読んでみてください。

スマホ依存は何のせい?スマホ側の要因を考えてみた!

疲れていてもスマホはできてしまうんです。ベッドで寝ていても、調子が悪くても、運動ができなくても、机に迎えなくても、スマホはできてしまうのです。

しかし、これだとあまり休んだことにはなりません。

確かにスマホで動画をみて笑ったり、音楽を聴いたりすることも良いですが、休むと決めたらきちんと休んだ方がいいと思います。

今の時代、SNSがストレスの元になっている人も多いことでしょう。そういった人にはぜひ何もしないでもらいたいのです。

これは別にいじめでも何でもなくて、回復のスピードを考えたらそれが一番なんじゃないかと思ったからです。

 

 

何もしないことが恐ろしい

さて、どうしてスマホをやってしまうのかというと、何もしないということが怖いからです。

自分が休んでいる間も、当然時間は流れます。世界は進み、あなただけが取り残されたと考えてしまうのも無理はありません。

しかし、だからといって何もしないことを恐れても仕方ないです。無理に何かをしても余計につらくなるだけですから。

さみしさをスマホで紛らすようなことはしなくてもいいんです。自分は充実した毎日を送っているアピールもする必要はないんです。

大事なのは、自分と向き合って、しっかりと休むこと。誰にだって時には休息が必要です。

特に、現代の高速社会では、元気がないときこそ休んで自分を見つめるいい機会だと思っています。

だから何もしたくないと思ったら、何もしなくていいんです。

でも、ある程度回復したらぜひしてほしいこともあります。

 

自分と向き合う

それが、自分と向き合うということです。

何もしたくなくなった原因を探してもいいですが、現時点で何もしたくないという状態になってしまったのは仕方のないことなので、今や未来について考えるといいと思います。

まずは、自分の気持ちに正直になり、今自分がどういう状態なのか知ることが大事です。

それと、他の人の意見も自分ほどではないですが、参考にするといいです。顔色なんかは結構そばにいる人の方がよく感じ取ることがありますので。

そんなわけで、自分と向き合うということは次のレベルに行くための準備段階ととらえることができます。

何もしたくなくなったときのために、元気なときにチェックシートのようなものを作っておくといいかもしれません。

  • 原因は過去か、現在か、未来か
  • ご飯を食べたらなおるか
  • 寝たらなおるか
  • 好きなことはできるか
  • 悩みがあるか

このようなことについて、自分に問いかけていくことでだんだんと自分の状態が詳しくわかるようになってくると思います。

他人には優しくても自分には厳しすぎる人もいますからね。逆もまた同じで、適切に状態を把握することは大切です。

 

まとめ

何もしたくないというのは誰にでもあるので気にしなくて休んでいいよ!という話でした。

何かをしなきゃと義務感にかられて結局スマホをだらだらやってしまうより、しっかり休んだ後で、回復してきたら自分と向き合っていくのが私がオススメしたいことです。

もちろんスマホがダメというわけではありませんが、きちんと休むときは休んで、「何もしていない」時間があるとあなたの毎日がよりよくなるかもしれません。

 

日々の生活によりよいを

ノリ

 

 

 - お悩み解決