【ジオラインLW】一年中使えるモンベルのタイツがコスパ最強すぎる【持ち物紹介】

      2017/08/07

こんにちは!ノリです。

寒い日が続きますねー。

これから暖かくなるかとは思いますが、そんな季節にも重宝する優れものがあります!

今回紹介するのは

モンベルより、ジオラインL.W.タイツ Men’sです!!

 

モンベル ジオラインLWとは

軽量で速乾性に優れているので、寒い季節の激しく汗をかく運動や、夏場のウォータースポーツなど、オールシーズン活躍する汎用性の高いモデルです。また、薄手で、伸縮性にも優れ、重ね着がしやすくなっています。(公式サイトより)

このタイツはアウトドアメーカーのモンベルが販売しているオールシーズン用タイツです。

素材はポリエステル100%で、伸縮性に優れたものとなっています。

その性能はアウトドアメーカーなだけあって運動に適していて、とても実用的です。

 

購入した目的、使い方

今回この商品を買った目的は、自転車での旅に使おうと思ったからでした。

一日中自転車を乗る人は、長ズボンを履きません。なぜなら裾がすれて汚れたり破けたりしてしまうからです。

それに、長ズボンではすぐ暑くなってしまいますし、汗をかいたときに吸収もしてくれないので、冷えてしまうことがあります。

そのため、基本的に真冬でもタイツに半ズボンを履くことになります。

旅は延期になりましたが、現在でも日常生活で欠かせないアイテムになっています。

寒い季節だけではなく、暑い季節も汗を吸収させるために使っていこうと思っています。

今は1着しか持っていませんが、もう1着買おうかなと考えているところです。

では、どうして私がこれほどまでにジオラインLWに魅了されているのか、その理由をお話します。

 

モンベル ジオラインLWの魅力

ヒートテックとは異なり汗で冷えない

皆さんおなじみのユニクロのヒートテックでは汗をかいたときに冷えてしまうのでとても大変です。

ヒートテックを悪く言うつもりはまったくないのですが、運動にはあまり適しているとは言えません。

私は高校生のとき体育の授業でヒートテックを着ていったら、授業後とても冷えて悲しい思いをしました。

これが登山だったら一大事で、体調を崩す危険があります。

その点このタイツは汗をかいてもすう乾くので汗冷えすることがありません。

そのため冬に汗をかいても風邪をひかずに乗り越えることができます。

 

オールシーズン対応で年中履くことができる

モンベルのジオラインシリーズは今紹介しているLW(ライトウェイト)と呼ばれる

オールシーズン対応のものの他に、同じくオールシーズン対応ではあるものの冬に真価を発揮するMW(ミドルウェイト)や、丈が短いニーロングタイツというものもあります。

しかし、MWは冬に使わないともったいないなという気がしますし、値段も1500円ほど高いです。

また、ニーロングタイツも魅力的ではありますが、これは個人的な理由で却下しました。

男性ならわかると思いますが、夏に半ズボンを履くとすね毛丸出しになってしまうのです。これでは誰も得しません。

関係ない人でも寒いときに丈が短いと足先から冷えて寂しい思いをするので、おとなしく長いタイツにした方がいいと思います。

 

本格的な登山タイツにしては破格の安さ

驚くべきはその性能に対する価格の安さです。

このタイツはamazonで3000円以下で買うことができます。

この値段なら半年で使い倒したとしても十分だと思います。

もちろん大事に使えば長持ちするとは思いますが、洗濯表示にだけは気をつけてくださいね。大変ことになりますから。

 

まとめ

このタイツの欠点は洗い方を慎重にする必要があるということくらいです。

実際はいてみると、その薄さには見合わない暖かさをもっています。

自転車を濃いでも風が肌に当たりません。

それと、これも個人的なことですが、私はたまーに悪夢を見て汗ぐっしょりで風邪ひいたという経験があります。

しかしこのタイツを履いて寝てからは悪夢を見て汗をかいても汗が乾いているので風邪をひかなくなりましたし、寝起きもだいぶ良くなりました。

何が言いたいかというと、それだけ速乾性が強いということです。

それでこの安さなので、自信をもってオススメしたい商品です。

リンクは男性用なので注意です。あとサイズにもお気をつけください。

 

日々の生活によりよいを

ノリ

 

 

 

 - シンプルライフ