最強の自己紹介について考えたよ!鍵は己を知ることにあり

      2017/04/14

こんにちは!ノリです。

さて、新学期や新天地では自己紹介する機会が多いと思います。

自分のことをひとことで説明なんて無理でしょ……と思う方も多いかもしれません。

自分を説明したり、自己紹介をしたりするのが苦手な方もいると思います。

私もそうです。毎回迷うんですよね。

「どう自分を見せればいいのか」って。

当たり障りのないことを言うこともできますが、ここはひとつ面白いことを言って記憶に残るようにしようかなどと余計なことばかり考えてしまいます。

私はゼミの顔合わせのときに、

「(本名)です。部活とバイトは辞めちゃいました。このゼミが第一希望で、人とのかかわりについて興味があったからです。よろしくお願いします。」

と言いました。今でもちょっと恥ずかしいです笑

「人とのかかわり以前に何かが欠けてるよ君!!」と当時の自分にツッコミを入れたくなります。

何ですか部活とバイト辞めちゃいましたって。せめて何をやっていたかくらい言おうよ!と、過ぎたことなので仕方ありませんね。

このように、自己紹介で失敗した経験のある人、または失敗したくない人にきっと約に立つだろうと思って、最強の自己紹介について考えることにしました!

そこで、まずは大前提として、「自分のことを知っていなければ自己紹介はできない」ということを知りましょう!

自分の名前しか知らない人であれば、自分の名前を言うだけで精一杯になってしまいます。

好きな食べ物は何と聞かれて答えられない人は、普段から好きな食べ物について特に考えてこなかった人です。

考えたこともないなら今考えるしかありません。しかしそれは簡単なことではないです。

特に、自己紹介という限られた時間の中では、簡潔に自分を説明することが求められます。

でも、心配する必要はありません。

私といっしょに、最強の自己紹介について考えていきましょう!

 

最強の自己紹介とは

前述のとおり、自分を説明するにはとにかく自分をよく知るしかありません!

ただ、「そう言われても簡単にはいかない」と思う人はこの先にお進みください。

 

自分を知る

まずは、自分と自分で話し合いをしてみましょう。

こう文字で見ると、なんだか怪しいかもしれませんが、普通に自分に語りかけるように、好きな食べ物とか、今はまっているモノなどについて尋ねるだけです。

答えられなくても構いません。

考えることが重要なのです。

考えることがそもそも苦手だという方はこれを機に真剣に自分と向き合いましょう!

 

前もって話すことを決めておく

自分をひとことで表せるようにはなっておくと、自己紹介のたびに悩まなくていいので楽です。

私は「静かな自由人」です。あ、今決めました。

これは、自分で言っても恥ずかしくないくらい自信のあるものにしておきましょう!

たとえば「私は面白くて超絶イケメンが涙し、美女が哀れむ顔です」なんて言ってもいいですが、そんなこと言えないと思ったらやめておきましょう。あなたはきっと芸人ではないので。

日本は恥の文化といわれるように、何かと周りの目を気にしてしまいます。

いつの日か忖度なんて言葉も話題になっていましたね。

確かKY(空気読めない)みたいなのもありましたよね。ちょっと古すぎですか。

恥ずかしさを克服するためには、前もって話すことを決めておくのが一番です。

それも、自分が納得したものにしておきましょう。

誰かから芸能人や動物に似てると言われたら、それを自己紹介で使っていくのも手です。

よくあるのが「私コミュ障でーす笑さみしがりなんでなかよくしてくださーい」とかいうタイプです。

舐めんな。

コミュ障なんて言葉消えてほしいよ。その意味と使っていけない理由

こういう人になってはいけませんよ!!よい子はまねしちゃダメ!

そもそも、人付き合いが苦手というのは、言われずともわかります。

わざわざ弱点を教えなくてもいいので、長所を話しましょう!長所を!

長所って何?となった方は「自分を知る」にお戻りください。

 

リンゴに自己紹介をさせる

スラスラ話せず、言葉につまってしまう場合は、リンゴに自己紹介をさせてみましょう。

別に笑わかしにきているのではありません。結構まじめです。

自分のことだから恥ずかしくなるのです。

だったら、リンゴを恋人を親に紹介するような気持ちで紹介してやってください。

あ、まだギャグだと疑ってますね?

「こいつはリンゴ。ごらんとおり真っ赤な顔が特徴だ。」

「枝のように伸びるあほ毛がチャームポイント。かわいいでしょ?」

いや、恥ずかしいわ!!

と思ったあなた。

もう自己紹介できますよ。

自分のことですもの。なんてことありません。

リンゴを親に紹介することに比べれば。

 

まとめ

最強の自己紹介をまとめると

  • 自分を知る
  • あらかじめ準備する
  • 練習する

ということです。

「なんだそんな当たり前のことか」と思うかもしれませんが、当たり前のことこそ大切なのです。

ぜひこれらのことを意識して、役立ててくださいね!

あなたの自己紹介が上手にいくことを応援しています!!

 

勢いで書ききりましたけど、この記事もきっと後で見返して恥ずかしくなるんだろうなぁ……

 

 

 - 学生にオススメ