レビュー:「星のカービィ64」その3Dグラフィックは後に受け継がれる

      2017/09/10

こんにちは!ノリです。私が過去にプレイしたゲームをご紹介するこのコーナー。

連続してカービィなので、このままカービィで行っちゃいます!

今回ご紹介するのはこちら

2432e670

星のカービィ64

です!

 

星のカービィ64とは

星のカービィ64』(ほしのカービィロクヨン)はHAL研究所開発、任天堂発売のNINTENDO64用ソフトである。冒険アクションゲームの星のカービィシリーズの第6作目にあたる。販売本数は約107万本。2008年4月15日には、Wiiのバーチャルコンソールで配信され、2015年8月19日には、Wii Uのバーチャルコンソールでも配信された。(wikipediaより)

 

カービィ64はその名のとおり64用ソフトで、唯一の64ソフトです。

決してカービィの64番目の作品ではありません(笑)現在はバーチャルコンソールとしてWiiやWiiUでも遊ぶことができるみたいですね。

 

それではさっそく評価をしていきましょう。

 

 ゲームの評価

システム:

なんといっても注目すべきはコピーミックスです!!

コピーミックスとは何かというと、カービィの使うコピー能力を2つ組み合わせて使うことができるという夢のシステムです。私は小さいころよく想像でこれとこれを組み合わせたら最強だろうなと考えていました。だからこのシステムはとても嬉しかったです。

音楽:

もはや何もいうことはありません。とりあえず聴いてください。

グラフィック:7

前作カービィ3から大幅に進歩!3D調に変化しました。画面も見やすく、いい感じだと思います。このころからあまりグラフィックは成長していないような気がします。ひとつの完成型なのかもしれませんね。

ストーリー:6

妖精の住む星「リップルスター」にあるクリスタルが黒い雲に襲撃されてしまいます。あわてた妖精たちはクリスタルを守るため妖精の一人「リボン」にクリスタルを託し、星からの脱出を図ります、しかし黒い雲の攻撃によってクリスタルはばらばらに砕け、「リボン」もカービィのいる星「ポップスター」に落ちてしまいます。空から落ちてくる「リボン」を見つけたカービィは事情を知り、クリスタルを集める旅にでるのでした。

というのがおおまかなストーリーです。

当時珍しいゲーム内ムービーがあり。それもストーリーに深みを与えています。

遊びやすさ:7

今までは64でしか遊べなかったものがバーチャルコンソールでWiiやWiiUで遊べるようになったことで遊びやすさは格段に上がりました。100%クリアにはなかなか時間がかかるかもしれませんが、もし全然わからないということであれば攻略サイトを見れば手がかりになるはずです。あまりにも知名度が低いと攻略サイトなどがなかったりしますからね。

総合:

いい忘れてましたが、カービィ64のミニゲームが相当面白いです。マリオパーチィみたいにワイワイ遊ぶことができるのでそちらもオススメです。

こんな人にオススメ

・落ち着いた雰囲気でアクションゲームをしたい方

・わいわいミニゲームを楽しみたい方

・カービィ大好きな方

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。カービィ64は個人的に思い出の結晶のような作品です。久しぶりに取り出して楽しむもよし、動画を視聴するもよし、音楽を聴くのもよし、いろいろな楽しみ方があると思います。機会があればぜひ遊んでみてください。

 - ゲームレビュー