夏には断然手ぬぐい!メリットと使いかた【タオルの完敗?】

   

こんにちは!ノリです。

もうすっかり暑くなってきて、春も終わりですね。

春が終わるということは、夏がはじまるということ。これからもっと暑くなることが予想されます。

さて、今回はそんな暑い夏に役立つアイテムをご紹介します!

タイトルでおわかりかもしれませんが、そう、手ぬぐいです。

上の画像は私の現在使っている手ぬぐいです。ついこの前買ってからずっと愛用しています。今回はそんな手ぬぐいについて、タオルにはないメリットや使いかたをお話ししていきます。

 

手ぬぐいのメリット

メリット1:すぐ乾く

手ぬぐいはタオルと同じ繊維でできていますが、生地が薄いため、すぐに乾きます。

また、端が縫われていないので振り回すだけでもすぐ乾燥します。これは繊維の端っこから水分が出て行くからです。

汗をかいたときや、ペットボトルの水滴をぬぐう時など、様々な状況で真価を発揮します。

 

メリット2:かさばらない

手ぬぐいはその大きさとは裏腹に、とても薄いので、ハンカチのようにポケットにしまうことができます。

タオルであれば何枚も必要だったり、かさばったりしますが、手ぬぐいではそれがありません。いつでもどこでも携帯することができるのも大きなメリットです。

 

メリット3:デザインがおしゃれ

手ぬぐいはただプリントアウトされただけではなく、染色されているので、色合いが独特で、デザインもかっこいいものからかわいいものまで豊富です。

ちなみにサムネイルは私の手ぬぐいです。全体はこんな感じで、よく見るとキリンになっています。

折りたたみ方によっていろんな柄を見せることができるので気分に応じて楽しんでいます。

キリンの手ぬぐい

 

メリット4:使い込むほどに色合いが変わる

手ぬぐいにしかない最後のメリットは、洗うことで色が変わるということです。

ジーンズや革製品も使い込むことで色合いが変わりますよね。しかし、基本的にタオルや安物の手ぬぐいは消耗が激しいです。

そこで、ちょっと良い手ぬぐいを1枚持っておくと、大事に使いつつ、色合いの変化も楽しむことができます。

 

手ぬぐいの多様な使い方

次は、手ぬぐいの使い方についてお話していきます。手ぬぐいはタオルと違って色んな使い方をすることができます。自分の工夫次第で7変化するのでそれも楽しいです。ここではその一例をご紹介します!

 

使い方1:ハンカチのように使う

「手ぬぐい」の名前のとおり、濡れた手を拭くために使うのが最も多いと思います。ハンカチと同じようにポケットに入るので非常に便利なのです。

汗を拭いてもいいですし、面を変えれば手を拭くこともできます。

先ほどメリットのところでお話したように、速乾性に優れているのでハンカチよりもオススメです。

特に夏場は手洗い用と汗拭き用と人前で使う用の3枚を常に持っている人もいるかもしれません。

しかし、手ぬぐいなら大きさ的に1枚ですべてこなせるのでオススメです。大事すぎて汚したくないという方はウェットティッシュもあると何かと重宝すると思います。

 

使い方2:タオルのように使う

タオルのようにも使える時点でタオルの上位互換のような感じがしますが、大きさ的に顔や体を拭くことも十分可能です。

もちろんハンカチとして使っているのをタオルとして使うのはちょっと気が引けますが、そういう方はもう1枚手ぬぐいを!

特に女性の方だとタオルを肩にかけたり首にまくのは恥ずかしいですよね。そういう時にデザインのおしゃれな手ぬぐいなら違和感なく実用性も兼ねることができます。

 

使い方3:かぶる

かぶる機会はあまりないかもしれませんが、これもタオルをかぶるよりはよっぽどかっこいいです。特にお祭りなんかでは男性の方が頭に手ぬぐいをかぶったりしていていいですね。

宴会だったら泥棒みたいにかぶっても面白いですし、他にも調べればいくつかのかぶり方が出てきます。

炎天下での作業など、熱中症対策にもなるのでひとつかぶり方を覚えておくとよさそうです。もちろん三角巾みたいに使うこともできるので便利です。

 

使い方4:包む

手ぬぐいの大きさによっては様々なものを包むことができます。弁当箱やペットボトルなどには専用の包み方まであります。

私はまだあやふやですが、さっとできるとかっこいいですね!

もっと大きいものであれば、風呂敷のように使うこともできます。

 

使い方5:キッチンで使う

ランチョンマットとして使ってもいいですし、汚れが落ちなくなった手ぬぐいはふきんとして使うのも手です。

これだけ活躍の機会に恵まれている手ぬぐいを素直に尊敬しちゃいます。優秀優秀。

 

まとめ

ここまで手ぬぐいのメリットと使い方についてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか。

どんな場面でも手ぬぐいは使えます。ビジネスマンでも持っておいて損はないと思います。それと、旅の方には必須だと思っています。これだけかさばらなくて多機能なものはそうそうありません。

ケガをしたときのガーゼや包帯にもなりますし、もう無敵じゃないでしょうか。

むしろタオルが手ぬぐいに挑むのが間違いだったんじゃないかって気さえしてきます。

今回はそんな手ぬぐい礼賛記事になっていまいましたが、少しでも参考になれば幸いです。

 

日々の生活によりよいを

ノリ

 - シンプルライフ