ゲームで自己啓発!ゲームで学ぶ時代がまもなくやってくる。

ゲームで学ぶ、自己啓発の画像ゲーム学
ノリ
ノリ

こんにちは!ノリです

今回は「ゲーム×自己啓発の可能性」についてお話していきます!

ここでいうゲームとは、テレビゲームやスマホゲームのことです。

言い換えると、「人を楽しませるため」に生まれてきた娯楽です。

対する「自己啓発」は、「自分のの成長のため」に生まれてきたものです。

全く結びつきそうにない「ゲーム」と「自己啓発」ですが、関係があります。

とはいっても、直接ゲームと自己啓発を結びつけるには話が急展開すぎるため、

まずは他の娯楽と自己啓発を結びつけ、そのあとにゲームと自己啓発について考えてみます。¥

前半部分では「ゲーム」とその他の娯楽との共通点についてお話します。

後半部分では「ゲーム」で「自己啓発」することについて詳しくお話ししていきます。

ノリ
ノリ

さっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

ゲームと本・映画・漫画

娯楽と学びの境界が曖昧

娯楽と学びは実は近いものがあります。

例えば「本」です。

小説など、楽しむためのおもしろい本がたくさんありますが、

そんな本を読んで、自分が何かを学び、成長するということはよくあります。

自伝や学術書などから学ぶこともあれば、小説やエッセイなどから学ぶこともできます。

本が自己啓発と結びついていると考えるのは難しくありません。

楽しむように読んでいたとしても、学びとの境界線は曖昧です。

では映画の場合はどうでしょう。映画でも「考え方が変わった」とか「強く影響を受けた」作品のひとつやふたつあると思います。

楽しむように鑑賞したとしても、学びとの境界線はこれも曖昧です。

漫画でも同じですね。

ゲームも学びになるの?

さて、先ほど漫画でも同じと言いましたが、厳密には漫画は本や映画などとは少し違います。

何が違うかというと、「高尚さ」と「俗っぽさ」です。

「漫画ばっかり読んで(いけないでしょ)!」と親に叱られた経験がある方も多いはずです。

ですが、「映画ばっかり鑑賞してダメ!」とか「本ばっかり読んでたらバカになる」とは言われませんでしたよね。

その差は一体何なのでしょう。

ゲームは間違いなく「漫画」の側の仲間です。「読書」や「映画鑑賞」などという「高尚」なものではなく、「俗っぽい」趣味なのです。

果たしてゲームは学びになるのでしょうか。

先にネタバレすると、ゲームは学びになります!

ここからが本題で、いよいよゲームと自己啓発を結びつけて考えていきます。

ゲームで自己啓発

ゲームで成長する時代がやってきた!

スマホの爆発的な普及によって、ゲームを遊んだことがある人の割合は劇的に上がったと思います。

日常的にゲームをしている姿を見るのも珍しくありません。

電車の中で隣の人のスマホの画面を見たらゲームをしていたなんてことは日常茶飯事です。

多くの人が単なる「暇つぶし」のためにゲームをしているのですが、本や映画を暇つぶしのためだけに楽しむのではないように、ゲームも深く味わうことでたくさんのことを学べます。

今やゲームで成長できる時代なのです。

昔は「このゲームに強い影響を受けたんだよね」と言うと変な目で見られたかもしれませんが、今はそんなこともあまりありません。

種類の増えたゲーム

本とひとことで言っても、小説とビジネス書は全く違うように、

ゲームも、アクションゲームとシミュレーションゲームは同じではありません。

アクションゲームの『モンスターハンター』をきっかけに友達ができたという方もいるでしょうし、『信長の野望』というシミュレーションゲームをきっかけに歴史に興味を持った方もいると思います。

これだけ種類が多くて、たくさんの人が遊ぶゲームが、少しずつ世の中に受け入れられはじめているように思います。

「ゲーム脳」という「学び」

ゲームから学ぶことができるようになると、日常生活全でもたくさんの学びが得られるようになります。

なぜかというと、ゲームから学んだことが、他の色んなことに応用できるからです。

たとえば、コンビニでジュースを買うときに、『ザ・コンビニ』という経営ゲームをやった人なら、

「この配置はスイーツを買いたくなるなぁ」とか、「ここのコンビニはお菓子に力を入れているなぁ」とか色々な気づきや学びを得ることは珍しくありません。

ゾンビホラーの『バイオハザード』をやっていた人なら、「この建物は防衛するときに弱そうだ」とか、「ここでもし何か起きたら逃げ道(避難経路)はあそこだな」とか考えたことがあるに違いありません。

そう、これは、悪く言ってしまえば「ゲーム脳」です。しかし、このゲームと結びつけて考えるおかげで、ただ情報を受け取るだけだった毎日が、新しい発見に満ち溢れるようになります。

「そんな視点もあったのか!「こういう角度から見たらどうだろう?」と考えることで、普段から多角的に物事を見ることができるようになるのです。

その結果、「遊んでいるのに成長している」という状態になります。

まとめ

ゲームで自己啓発を結びつけて考えるのは、人によっては新鮮に感じられるかと思います。

でも、「ゲームから何かを学ぶこと」はみんなやっています。あなたも知らず知らずのうちにゲームから多くのことを学んでいます。

私はそれをシェアしたいだけなんです。ゲームに興味を持ってより楽しんでいただければ幸いです。

日々の生活によりよいを

ノリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました