レビュー:「バイオハザード5オルタナティブエディション」追加コンテンツで大ボリュームに!二人で楽しいホラーゲーム

   

こんにちは!ノリです。

今回は、カプコンが生み出した大人気ホラーシリーズ「バイオハザード」から、「バイオハザード5オルタナティブエディション」を紹介したいと思います。

通称「バイオ」の名で親しまれているこのシリーズ、私はとても好きで、多くの作品を持っています。

以前はバイオハザードリベレーションを紹介しました。

ゲームレビュー:「バイオハザード リベレーションズ」小さな画面に迫る恐怖

その中でも、一番やりこんだと言えるのが、この「バイオ5」です。なので、特別思い入れがある作品です。

それでは、さっそく見ていきましょう!

 

バイオハザード5オルタナティブエディションとは

バイオハザード5とは、2009年に発売されたサバイバルホラーゲームです。バイオハザードシリーズ本編の7作目で、なんで数字がずれているのかというと、バイオハザード CODE:Veronica というのと、バイオハザード0を間にはさむからです。

対応機種はPS3、PS4、XboxOneです。

「オルタナエディション」は何かというと、バイオハザード5に追加コンテンツが最初から全部入っているバージョンです。いわゆる完全版ってやつです。

何が追加さているのかというと、小さい(といっても1時間はかかるボリューム)のエピソードが2つと、新たに8人のキャラクターを追加したおまけモードなどがあります。

2017年現在では、通常版もこのオルタナティブエディションもどちらもほぼ同じ価格で買うことができるので、オルタナティブエディションの方が断然オススメです!

でも、名前がバイオハザード5オルタナティブエディションだとちょっと長いですね。そこで、今後は「バイオ5AE」と表記することにします。

 

バイオ5AEをざっくり解説

バイオ5AEをひとことで表すと、「追加エピソード超怖い!マーセナリーズ楽しい!」です。

バイオ本編はもちろん面白いのですが、友人と二人でやると正直あまり怖くありません。怖いというより焦るの方が強いかなと思うくらいです。

しかし、追加エピソードのひとつ「LOST IN NIGHTMARES」が怖すぎます!いや、怖すぎると話を盛るとそれほどかもしれませんが、少なくとも本編よりはよっぽど怖いです。

なんといっても、過去作を思わせる弾数の少なさと、敵の恐ろしさが本編とは桁違いです。

一人で遊んでもコンピュータの見方がついていますから、どうしても二人でやらないというわけでもないですが、やはり二人で遊んでこそこの面白さは得られると思います。

おまけモードで、「制限時間内にできるだけ多くの敵を倒してスコアを競う」マーセナーリーズモードも、やりこめばハマります。

これも、二人でやれば敵の数も増えますし(たぶん)緊張感があってとても楽しいです。

それでは、次にゲームの評価をしていきます。

 

ゲームの評価

システム:

バイオハザードというと、「とにかく怖くて難しい」と思うかもしれませんが、この作品はそんなことありません。

一番高い難易度で遊ばない限りは、それほどやり直すことなくクリアできると思います。ただ、コンピュータの味方(AI)はあまり賢くないので、注意が必要です。

なので、友達と画面分割で遊ぶのがオススメです。

ちょっと気になるのは、本編のイベントムービー中のコマンドアクションです。ムービーだからといってコントローラーを置いていたら容赦なくやられます(笑)これはオン/オフを切り替えられたらよかったです。

先ほども説明した通り、マーセナリーズモードはハマります。いかに高いスコアを取れるように敵を倒すかがカギとなります。とても面白いです。

 

音楽:6

ホラーでも音楽の重要性は変わりません。恐怖を盛り上げるために、迫力あるサウンドがあります。

マーセナリーズモードではうってかわって、リズミカルな曲が多いです。紹介するこちらの曲もそのひとつです。

 

グラフィック:7

悪くはありません。しかし、すごく綺麗かと言われると微妙です。PS3では綺麗な方だと思いますが最新機種版だと、HD化したといっても、最新作のグラフィックには劣ってしまいます。

でも、よほどのこだわりがなければ普通に遊べると思います。

 

ストーリー:7

2009年アフリカ。

アフリカの大地に伸びる道を行く一台の車。

やがて車はキジュジュ自治区内の近くに停車し、一人の男が降り立った。

クリス・レッドフィールドである。

クリスが辺りを見回していると、女性が近づいてきた。

「ようこそアフリカへ、シェバ・アローマよ」

差し出された手を握り返し、クリスは今回の作戦でも相棒がいることを知る。

多くの任務をこなす中、失った仲間は少なくない。

この世界は命をかけてまで守る価値があるのだろうか?

その自問に、今はまだ答えはない。

だが、クリスにはこれだけは分かっていた。

俺にはやらなければならないことがある。(説明書より)

今回の舞台はアフリカ!ということで、様々な敵が登場します。主な敵はゾンビではなく、マジニと呼ばれるちょっと頭も動きも良いゾンビだと思ってください。

バイオ4でもプラーガと呼ばれる変なやつと戦っていましたが、今回のマジニはそれより強いです。詳しくはプレイしてみると最初の方のムービーでわかります。

肝心のストーリーですが、これはまずまずの出来です。バイオ初期と比べると格段に良いのではないでしょうか。

ただ脱出するだけではなく、自分から進んでいく感じがありますからね。バイオお決まりのどこかへ閉じ込められる→ボスを倒す→脱出で終わらないようになっていると思います。

 

遊びやすさ:7

友達と遊ぶのが最適です。本編のクリア時間は忘れましたがだいたい10時間くらいだったと思います。ボリュームは大きいです。

追加エピソードもありますし、マーセナリーズモードなら1回10分ほどで終わるので、手軽に楽しむことができます。

 

総合:7

バイオ5を買うなら、このオルタナティブエディションをオススメします。でも、実はPS4版とXboxOne版はオルタナティブエディションと名前はついてませんが、普通に追加コンテンツ全部入っているのでご安心ください。

旧機種よりは新しい機種で遊んだ方がいいかなとも思いますが、現時点でPS4を持っていないので何とも言えません。

またいつか買ったらそちらのレビューも入れたいと思います。

 

こんな人にオススメ

  • 友達とバイオがしたい
  • あまり怖くないホラーがしたい
  • 戦争は罪悪感があるけど、銃をぶっぱなしたい

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

私はPS3のデータが一回全部消えてしまって、それがショックで今はほとんどやっていませんが、久しぶりに取り出して遊んでみてもいいかなと思っています。

なんといっても、このゲームレビューのコーナーは遊びたくなるように紹介していますから。でも、自分が遊びたくなってどうするのってところでもありますが。

 

 

 

日々の生活によりよいを

ノリ

 - ゲームレビュー