忘れ物をしないために意識する3つのポイント!

   

こんにちは。ノリです。

忘れ物をすることは多いほうですか?それとも忘れ物はぜんぜんなく,きちんと覚えていますか?

会社で、学校で、イベントで、忘れ物があったら大変ですよね。

私はつい先日、大学でお弁当と財布を忘れたことに気がつきました。

電車やバスを使って片道1時間かかる大学です。当然辛かったです。

そんなような忘れ物をよくする私ですが、今回は忘れ物を極力減らせるように意識するといい3つのポイントをご紹介します!

 

そもそもなぜ忘れてしまうのか

私たち人間のすごいところは覚えることではなく、忘れられることです。

夏の間ストーブを押入れの奥にしまうように、脳では膨大な量の情報を管理して、必要な情報とそうでない情報に分けています。

では私たちが忘れ物をするとき、それは必要ないと判断されてしまっているのでしょうか。

そんなことはありません。

忘れ物をしてしまうのはそれが必要のないものだからではなく、注意が向いていないためです。ここでの注意とは、意識して見たり、考えたりすることです。

忘れ物をするときの状況を思い浮かべてください。

時間がなくて忙しかったり、あわてていたり、

そしてなにより、

ほかのものを忘れないようにしていたのではありませんか?

そう、忘れ物をなくす鍵はここにあるのです。

 

ポイントその1:忘れ物はある!と意識する

忘れ物は、大抵同じものを何度も忘れてしまうか、当たり前に大事なものです。

ほかのものに注意が向いていると、意識しているものは忘れませんが、その他の忘れ物をしてしまう可能性があります。

人間が意識できる量には限界があるので、張り紙をして忘れ物をチェックするか、そうでなければ、忘れ物は基本的にあるものだとあえて割り切ってしまうといいかもしれません。

はやくも諦めたのかと思ったあなた。違います。これは事実の確認です。

忘れ物をゼロにすることができないのならば、なくて困るものだけはしっかりとカバンに入れたりしておきましょう。

忘れ物は忘れっぽいだめな人がすることで、私はだめな人なんだと思えば余計に忘れ物をしてしまいます。「忘れ物はあるものだ。そして誰にでも起こることだ」と思えば、特に気にすることもなくなるはずです。

 

 

 

ポイントその2:忘れ物があってもだいじょうぶだと意識する

忘れ物はあるものだと割り切ったら次はどうするか。

忘れ物は当然あります。しかし、忘れ物をしたからといって命がとられるわけではありません。

「忘れ物したかも」と思うと不安になり、精神的によくないです。なので、「忘れ物はある。でも私はだいじょうぶ」と気楽に構えましょう。

忘れ物をしないために、忘れ物はあることを知り、万が一忘れても大丈夫だとわかれば自然と忘れ物の数は減ります。

しかし、これまではあくまで忘れ物をする前の話です。

実際忘れ物をしてしまった場合、そんな悠長なこと言ってられません。

 

ポイントその3:冷静に構える

とにかく、忘れ物をしないためにも、忘れ物をしてしまったときでも、焦りは禁物です。

忘れ物をしてしまった場合

忘れ物をしてしまったら、まず今気づいたことに感謝することです。あなたは「もっと早く気づけば……」と思うかもしれません。「なんで忘れてしまったんだろう」と思うかもしれません。

しかしそんなこと悔やんでもどうにもなりません。後悔する時間があったら気づけたことにまず安心しましょう。

忘れ物の何が怖いかって、忘れたことを忘れているのが一番怖いです。

とりあえず忘れ物がカードの入った財布などだったらカードを止める、忘れた場所が思い出せるならすぐとりに行くなど、することが山ほどあります。

それらを淡々とこなしていくには、冷静になることが必要不可欠です。

落ち着いて考えることで、無駄な時間を省いて迅速に行動できるようになります。

なので、忘れ物をしたらまず落ち着くことを最優先に意識しましょう。

忘れ物をしないために

冷静になることは忘れ物をしないためにも活用できます。

忘れ物をしないようにとあわてていると大抵忘れ物をしてしまいます。

何か忘れたと思ったら本当に忘れるものです。

冷静に大事なものから順にチェックしていきましょう。

 

まとめ

以上、忘れ物をしないために意識するといい3つのポイントでした。

  • 忘れ物はあるものだ
  • 忘れ物があっても大丈夫だ
  • 冷静になる

この 3つを意識することで忘れ物を大きく減らすことができるでしょう。

しかし、今回ご紹介したポイントは完璧なものではないので、すべての状況に対応しているわけではありません。

たとえば、傘の置忘れなどは本人が忘れないように意識するか、大事なものと認識するかしないとなくすことは難しいです。

しかし、大事なものでないなら、忘れてしまったらその程度のものだったと思うくらいしか対策が思いつきません。

もしこんな方法で忘れ物を予防してるよ!とか、ほかにもこんなことを意識することで対策してるよ!といった意見があればぜひお気軽にコメントしてください!

 

 

日々の生活によりよいを

ノリ

 - 生活