レビュー:「Ib(イヴ)」理不尽さのない安心フリーホラーゲーム

      2017/09/10

こんにちは!ノリです。

前回はゲーム紹介をなぜするのかをお話しました。

私がブログでゲーム紹介をする理由

タイトルがいまだに「ゲーム紹介:○○」となっていますが、100記事を越えたら本格的に記事の見直しをする予定です。

ということで今回は隠れた人気ホラーアドベンチャー

Ib(イヴ)

をご紹介します!!

 

Ibとは

Ibとはkouri氏によって制作されたフリーゲームです。

フリーゲームなのでパソコンとインターネット環境さえあれば無料でダウンロードができます。

以前はRPGツクール2000というRTP(起動時に必要なもの)のダウンロードをいっしょにする必要がありましたが、Ver.1.07から単体で遊べるようになりました。

私はこのゲームが大好きでいくつかあるエンディングを見るために何度も遊びました。

このゲームが公開された2012年2月から数ヶ月後の当時高校1年生だった私は友達と熱中していました。

その理由をざっくり説明します。

 

Ibをざっくり説明

Ibはひとことで説明すると「丁寧に作られた適度なホラー」です!

私は様々なジャンルのゲームをしますが、ホラーは大の苦手分野で、怖くて枕を抱きかかえて不安緩衝材にしたり、1歩進むのに15分かかったりしています>_<

そんなへたれでもなんとかクリアできる程度の怖さなのがIbです。

だからといって怖くないわけではないのでご注意を。

 

そしてIbが面白い要因がもうひとつ。

このゲームにはホラーゲームにありがちな理不尽なトラップや無理な謎解きがありません。

心臓が止まるような爆音もないですし、キャラクターのかわいさが怖さを補ってくれます。

要するに、丁寧に作られているということです。

独特な世界観のフリーゲームは今では多くありますが、その先駆けとしてのIbやゆめにっきなどは中でも群を抜いています。

それではさっそくその評価をしていきます。

 

ゲームの評価

システム:

持っている薔薇が体力になっているという斬新なアイデアには驚きました。

青鬼でもPARANOIACでもそうですがホラーゲームって即死が多いのです。

なので一度のミスが命とりになってしまいます。

しかしIbは体力にある程度余裕があるためそれが心の支えになっています。

その他難しいシステムは一切なく、ステータス画面も無駄がありません。

ちなみにセーブはセーブポイントでしか行うことができません。

 

音楽:

ゲームの雰囲気に合っている非常に良い音楽です。

ギターの音楽やホラー音楽はIbのためにつくられたのではと思うほどマッチしています。

 

グラフィック:7

フリーゲームというとドラクエみたいな2頭身くらいのドットのキャラクラターを操作するイメージがありますうが、Ibはもう少し頭身が高いです(日本語あってる?)。

後述するように美術館をテーマにした作品なので、独特な作品が多く登場します。

 

ストーリー:

セリフのひとつひとつから丁寧です。

これはRPGや推理ゲームが好きな方には大切な要素ですよね。

ホラーゲームだとただ脱出するだけが多いのですが、このゲームにはそこからひとひねり加えてあります。

両親とともに美術館を訪れたところから物語ははじまります。

こういう雰囲気の大事なゲームでのネタバレは極力したくないので、もうこれ以上は言えません。

 

遊びやすさ:

パソコンから無料でできるので遊びやすさはだいぶ高いと思います。

プレイ時間はゆっくりやって3時間ほどです。

ただ、何周もしたくなること間違いなしなので結果もっと遊べます。

 

総合:

で、でました!総合9のゲーム!!逆転裁判2、3、マインクラフトに次ぐ最高クラスのゲームです!!

フリーゲームに絞れば文句なしの一位です!!

そもそもフリーゲームをあまり紹介していないのですが。

 

こんな人にオススメ

  • ホラーが苦手だけどやってみたい方
  • キャラクターやそのセリフを楽しめる方
  • 美術館に何か惹かれるという方

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今でこそたくさんのフリーゲームが出ていますが、Ibはその原点にして頂点のようなゲームです。

フラッシュゲームはフリーゲームに入りますがあれはまた別のジャンルですね。

とにかくやってみてください!!

それがこのコーナーの基本方針です!

気になってもグーグル先生に聞いてはいけません。

さあ、はやくダウンロードするのです!

Ib – ダウンロードページ

日々の生活によりよいを

ノリ

 - ゲームレビュー