「ゲームは生産性が無い」と言われた場合の解決策を教えます。

ゲームマインド

こんにちは!ノリです。今回は「ゲームは生産性がない」と言われた場合の解決策についてお話していきます。

結論、3つあってそれぞれ「反論する」「やらせてみる」「受け止める」です。

私たちの日常生活に溶け込んでいる「ゲーム」というものですが、まだまだ偏見があって、頭ごなしに否定されることってありますよね。

否定のひとつとして「ゲームは生産性が無い(非生産的だ)」というものがあります。

今回はそう言われた方や、ゲームをやっていてふと意味のなさを考えるようになってしまった方向けにお話していきます。

具体的にはこんな方におすすめです。

・「ゲームは生産性が無い」という世間の目が気になる
・親に「ゲームは時間の無駄」と言われた
・自分がゲームをやっていていいのか不安になってきた

私は小学生のとき、親からゲームは1日1時間と決められていましたし、ゲーム機や電源コードを管理されたこともありました。

というのも、親が「ゲームするより本を読みなさい」「ゲームは楽しいけど何も生まない」「ゲームは生産性が無い」といった価値観を持っていたからです。

しかし、今では親も自分といっしょにゲームをしていて、「生産性が無い」と言われることもなくなりました。

なぜかというと、これからご紹介する3つの解決策を使ってきたからです。

さっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

解決策1:反論する

「ゲームは生産性が無い」と言われて、まず思いつくのが言い返すこと、つまり「反論」です。

ゲームは生産性があると言い返すことで相手の主張を否定します。

もちろん、反論というからにはある程度の根拠がないといけません。

いくつか挙げてみます。

・ゲームから学べることも多いので生産性がある
・ゲーム自体に生産性がなくても、リラックスやストレス解消により結果的に生産性が上がる
・そもそもゲームに生産性の話をするのはナンセンス

「ゲームは生産性が無い」と否定されたとき、「うるさい!」と返さず、上手に反論することで相手を説得することができます。

これから今挙げた3つの反論についてひとつずつ説明していきます。

 

「ゲームは生産性がある」と反論する

つづいて「ゲームは生産性がある」と反論する場合についてお話します。

読書であれば本から学び得ることができますし、楽器演奏なら自分の演奏で誰かを楽しませることができます。

同じように、ゲームでも学ぶことはできますし、誰かを楽しませることもできます。

ゲームは試行錯誤によって成り立つものなので、それ自体が「学び」の連続です。

マリオを例に挙げるとクリボーに倒されてはじめて、避けることを覚えたり、踏みつけて倒せることを知ったりといったことも「学び」です。

試行錯誤する能力というのは学びの基礎であり、日常生活色んな場面で役に立つ能力です。

さらに、「人を楽しませる」についても、ゲーム実況やプロゲーマーなどの存在があり、世界中でゲームを遊ぶことで人を楽しませている人たちもいます。

だから「ゲームは生産性がある」と言うこともできるでしょう。

 

ゲーム自体は生産性がないけど、結果的にはある

この反論は、相手が「ゲームは生産性が無い」に一部同意するものです。

ゲームに生産性が無かったとしても、リラックスやストレス解消の効果があれば、生産性のあることをする「余裕」がうまれます。

それにより「結果的に生産性がある」ことになります。

 

ゲームで生産性を語るのはナンセンス

反論のさいごの例は「そもそもゲームに生産性の話をするのは間違っている」

という反論です。ナンセンスというのは、「意味がない」ということです。

ゲームは趣味か暇つぶしでやっている人がほとんどです。

趣味に生産性は必要ありませんし、暇つぶしも確かにゲームをやっている間は他のことができなくなりますが、それでもさきほどお話したように結果的に生産性があることになります。

人が好きでやっていることを「生産性が無い」って否定されたら相当傷つきますし、その人とは距離を置くでしょう。

ゲームが好きならそれを止める理由は生産性が無いからではありません。

単純にゲームが好きじゃなくなっただけです。

そこに生産性うんぬんは関係ないのです!

 

解決策2:ゲームをやらせてみる

「ゲームは生産性が無い」と言われたときの解決策として、先ほどは「反論」を挙げました。

改めて「ゲームは生産性が無い」という人の心理を考えてみると、

・ゲームの何が面白いのか理解できない
・ゲームをやっていたが楽しめなくなった
・ゲームより他のことをしてほしい
このあたりだと思います。
これらに共通するのは「ゲームのよさを知らない」ことです。
ということは、ゲームのよさを知ってもらえれば「生産性が無い」と言われることもなくなるんじゃないかと考えました。

実際にゲームをやってもらうことによって考え直してもらいましょう。

ゲームをオススメしてみる

ひとくちに「ゲーム」といっても、様々なジャンルや遊び方があります。

そして人それぞれ向き不向きがあります。

例えば人と競うのが好きで戦って勝つのが嬉しいなら「格闘ゲーム」や「FPSゲーム」などの対戦ゲームがオススメですし、

リラックスしたい、現実から離れたいのなら「放置ゲーム」や「シミュレーションゲーム」がオススメです。

「ゲームは生産性が無い」と言う人はたいていゲームについてよく知らないので、その人が楽しめそうなゲームをオススメしてみましょう。

忙しい人にはスキマ時間で遊べるようなものがいいですし、寂しがりやなら自分がやっているゲームに誘ってみるのも手です。

ゲームを楽しむことができたら、生産性なんて言葉は出てこないと思います!

 

ゲームをいっしょに遊ぶ

繰り返しになりますが、ゲームについて生産性を考えてしまうのは、ゲームを楽しむことができていないからです。

なので考えるべきはどう楽しめるようにするかです。

ゲームをいっしょに遊ぶことでひとりでは退屈に思っていたゲームでも充実した時間になるでしょう。

いっしょに遊ぶといっても、ただいっしょに遊んでもいいですし、ひとつのゲームを交代で遊んでもいいですし、なんなら実況動画などをみながら同じように遊ぶだけでも楽しいと思います。

 

解決策3:受け止める

さいごとなる3つ目の解決策は「受け止める」です。

「受け止める」といっても、ただ単に「ゲームは生産性が無い」と認めるわけではないです。

ではどうするのかというと、「言葉の裏を読む」ということをします。

これをすることで本当は何が言いたいのか、どういう気持ちで話しているのかがわかるようになります。

では今から「受け止め方」をお話していきます。

言葉の裏を読む

まずは言葉の裏を読んで、何を伝えたいのか理解しようと努めます。

もちろん言葉尻だけ、顔を見ただけで人の考えが簡単にわかるわけではありません。

とは言ったものの、言葉の裏を読む方法は実は簡単です。

わからないなら聞けばいいのです。

「ゲームに生産性が無い」と言われたら「だからゲームをやめてほしいってこと?」

と先回りして聞いてみましょう!

ゲームをやめてほしいから生産性が無いと言っているだけかもしれませんし、自分がゲームをやめたくて(やめたから)そう言っているだけかもしれません。

それを知る方法は「質問」です。

相手の言いたいことが最初から100%言葉で伝えられるなんてことはまずないですから、質問することによってその精度を高めていくことが必要なのです。

意見を受け止める

言葉の裏を読むことで相手の言いたいことが理解できてきたら、それを受け止めます。

ここで大事なのは、必ずしも「受け入れる」必要はないということです。

「意見に賛成はしないけど、意見を言ったこと自体は否定しない」です。

「ゲームは生産性が無いと自分は思わないし納得もしてないけれど、あなたがゲームは生産性が無いと思っていることを知ったよ」ということです。

「受け入れる」は、「ゲームは生産性無いよねそうだよね」ですが、「受け止める」だと「そう思うんだね」となります。

この「意見を受け止める」ことができる能力は対人関係で非常に重要です。

 

どの解決策がおすすめなの?

さて、これまで3つの解決策を挙げてきました。

「反論する」「やらせてみる」「受け止める」です。

この中で私がいちばんおすすめしたいのが「受け止める」です。

この「受け止める」方法は仕事でもプライベートでも役に立つ方法で、「NVC(非暴力コミュニケーション)」という名前で体系化もされています。

私自身もこの方法で親と和解したり、誰かと仲直りしたりと役立っています。

感想はこちらで記事にしているので興味のある方はご覧ください!

今後より具体的な手順なども記事にしていく予定です。

NVC(非暴力コミュニケーション)を実践した結果、人間関係で悩まなくなった話
NVCで怒りのコントロールができ、人間関係で悩まなくなります。実践した経過をご紹介。

 

まとめ:生産性の議論に終止符を!

いかがでしたでしょうか。「ゲームは生産性が無い」と親や上司に言われた方、または自分自身に向けてそう思ってしまった方がこの記事を少しでも役立てていただければ幸いです。

さいごに私個人の意見ですが、「趣味に生産性の話は不要」だと思っています。

お互いに認め合うことができればいまよりもっと生きやすくなります。

けなしあう、重箱の隅をつつきあうのではなく、受け止める。

そのコミュニケーションこそまさに「生産性がある」と言えるのかもしれませんね。

人の趣味をけなす、悪口を言う心理とは?賛成ではなく、認めることの大切さ

それではここまでお読みいただきありがとうございました!

 

日々の生活によりよいを

ノリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました