個人ゲーム記事に立ちふさがる3つのライバルとは?

ゲームレビュー

こんにちは!ノリ(@halo_transcend)です。

このサイト「ノリトラスゲームズ!」でゲームレビューをしています。

個人的なお話をさせていただくと、元々は「ノリトラス~日々の生活によりよいブログ~」というサイトでやっていたゲーム関連の記事を、パワーアップさせてまとめたのがこのサイトになります。

ゲームレビューもその一つで、昔からゲームの感想を自分の言葉でまとめていました。

その時の仕様は、

「システム」、「音楽」、「グラフィック」、「ストーリー」、「遊びやすさ」、「総合」の6項目を各10点満点で評価していました。

そのスタイルで長らく記事を書いていましたが、あるとき私は思いました。

「これ……需要あるのかな?」

当時このブログでよく読まれていたゲーム記事は、NBA2k18と2DSLLで8割を占めていました。

その他のゲームレビューは埋もれてしまって、ほとんど見られていません。

別に「見られてない」という事実はいいんです。

何が悲しいって、

「自分が読んでもあまり面白くなかった」

これに尽きます。

自分が楽しめない記事で人様に満足してもらうことなどできるはずもありません。

ですが、逆に満足できる記事って何でしょうか。

一体個人がどのようにゲームの面白さを伝えたり、他にない付加価値を生み出したらいいのでしょう?

ということで、今回から3つくらいの記事で「個人が運営、投稿するゲーム記事には何が求められているのか」を考察してきたいと思います!

私のゲーム記事をどうしたらいいか考えるついでに。

ゲーム記事の現状

ゲーム記事の定義

リアルタイムの会話じゃないブログ記事では、お互い言葉を異なる意味で使っていてはまともに意思疎通ができません。

ということで「ゲーム記事」が一体何を指すのか最初にお話します。

私の思う「ゲーム記事」とは、

  • ゲームソフト一本のレビュー
  • ゲーム体験日記や思い出語り
  • おすすめゲーム紹介
  • ゲームの考察記事
  • 最新ゲーム情報とその感想
  • ゲーム攻略記事

などのゲームに関係する記事のことを指します。

ゲーム記事といっても、多種多様なことがお分かりいただけるかと思います。

今後はこれらをゲーム記事として話を進めていきます。

ゲーム記事の敵はゲーム!?

人々は科学の進歩によってできた時間を、どのように使うかを考えなければいけません。

ゲーム業界、健康業界、テレビ業界など、様々な業界がこの余暇時間をいかに使ってもらうかをめぐって激闘が繰り広げられています。

まさに「余暇戦争」と言ってもいいでしょう。

TwitterやInstagramを眺めるもよし、YouTubeや AbemaTVで動画を視聴するもよし、ダイエットや筋トレをするもよし、何をするのも自由です。

もっと言えば、消費するばかりではありません。ゲームを作ったって良いですし、動画を配信してもいいんです。

そんな中で、ゲーム記事はこの壮絶な余暇戦争にいかにして割り込むことができるのかという問題は避けて通れません。

そして、この問題は困難を極めます。

まず単純に、ゲームは本人がやるものですよね。ゲームのプレイ時間より攻略や考察を見ている時間の方が長いというのはあまり多くないと思います。

特殊な人でなければ、ゲームをしている時間の方がゲーム記事に使う時間より長いのが当然なんです。

というわけで、時間を考えれば「ゲームそのもの>ゲーム記事」が成り立ちます。

これは大問題です。なぜかというと、

「ゲーム記事が見られる時間を確保するには、見る人がゲームをあまりしていない方が助かる」

というおかしな事態になってしまっているからです。

そして、これをおかしくないと判断したとしても、次なる強敵がいるのです。

実況よ、お前も歯向かうつもりか

ゲーム記事の現状に目を背ける参考画像

「ゲーム記事が見られる時間を確保するには、見る人がゲームをあまりしていない方が助かる」

大切なので繰り返しました!

そして、仮にこの問題を解決したとしましょう。

そして、次なるライバルは今や動画における一大コンテンツとなった「ゲーム実況」になります。

ゲーム実況には

  • 配信
  • ゆっくり
  • Vtuber
  • 字幕実況

も含みます。純粋にプレイが上手、トークで面白さがあるなど、エンターテイメントとしてだけではなく、攻略やプレイの参考としても人気のあるゲーム実況。

これらは、「見る人があまりゲームをしていない方が助かる」と堂々と言えます。

みんながめちゃくちゃゲームをプレイしていて、上手でもあれば配信者は立場を失ってしまうかもしれません。

ゲームは題材で、配信者のトークやリアクションで盛り上げるタイプの動画に対しては、視聴者がゲームの内容やプレイに関して細かく知っている必要はありません。

ゲーム記事よりも動画の方がゲームの雰囲気が伝わりやすく、わかりやすいです。

ですが、ここに追い打ちのように次なる強敵が出現します。

これはゲーム記事内部での話で、「個人のゲーム記事」を脅かすかもしれない存在の話です。

大手ゲームサイトよ。いじめないでくれ

ゲーム記事というただでさえ健康やライフスタイルと比べて規模が小さい市場において、圧倒的な規模を誇るのが大手ゲームサイト、攻略wiki、まとめサイトです。

例えばこれらのサイトです。本当にすごいです。

4Gamer.net ― 日本最大級の総合ゲーム情報サイト。最新ゲームのニュース,レビューはここで!
ゲームの最新ニュースをお届けします。また,ゲームのタイトルのユーザーレビューの募集/掲載や,発売スケジュールなども用意。遊びたいゲームを探す時にご活用ください!
Game8 [ゲームエイト]|【日本最大級】ゲーム・アプリの総合攻略サイト
【日本最大級】ゲーム・アプリの総合攻略サイト!Game8 では、最新情報・攻略情報・お役立ち記事などゲームを楽しむ情報を豊富に掲載。人気のアプリ、新着ゲームなどリアルタイムで更新中!30秒の簡単登録でマイページの作成も可能です。
ゲームカタログ@Wiki ~名作からクソゲーまで~【11/12更新】
「ゲームカタログ@Wiki ~名作からクソゲーまで~」は、あらゆるゲームを紹介するWikiです。 管理人(Wikihero)からお願い 判定変更したい場合は必ず判定変更議論を通し同意を得て...

これらのサイトに対して、個人で勝負を挑んでもまず勝てません。

いじめられているわけではありませんが、生半可な攻略やレビュー記事ではこれらの大手サイトに簡単に埋もれてしまいます。

ここまでで、いかにゲーム記事に困難があるのかお分かりいただけたかと思います。

ですが、ゲーム記事には他にないメリットも多いですし、個人がやるゲーム記事となると無限の可能性を持っているとさえ言えます。

まとめ

個人のゲーム記事には、「ゲームそれ自体」と「実況動画」「大手サイト」というライバルがいることをお話しました。

ここまでお話してきたように、個人のゲーム記事は、この先なくなっていく存在なのでしょうか。

実は、そんなことは全くありません。

むしろ、「これからが個人ゲーム記事の時代」と言ってもいいでしょう。

遅くなりましたが次回からが本題です。個人ゲーム記事が生き残っていくにはどういった戦略をとればいいのか、メリットと具体例をお話していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました