Apex Legendsがバトルロイヤルの頂点だと断言する3つの理由

ゲームレビュー

こんにちは!ノリです。

私が最近いつにも増してハマっているゲーム、それが「Apex Legends(エーペックス レジェンズ)」です。

毎日1時間は遊んで、最後の1パーティになって優勝目指して日々楽しんでいます。

「Apex」は最後の1人(1パーティ)になるまで戦うバトルロイヤルゲームというジャンルです。

バトルロイヤルゲームは、PUBGやFortniteを筆頭に様々な種類がありますが、私はこの「Apex」こそ最高のバトルロイヤルだと断言します。

今回は、私が熱狂してやまないそんな「Apex」が最高のバトルロイヤルゲームである理由についてお話していきます。

さっそく見ていきましょう!

バトルロイヤルゲームとは

最後まで生き残れば勝ちのサバイバル

バトルロイヤルが何なのかいまいちよくわからない方向けに、簡単に説明します。

バトルロイヤルとは、簡単に言えば「最後まで生き残れば勝ちのサバイバル」です。

広大なマップを舞台に、数十人規模のプレイヤーが生き残りをかけて戦うというジャンルです。

自分以外は敵

バトルロイヤルは、ソロ(ひとり)でプレイする場合、自分以外の全員が敵になります。

敵もそれぞれ敵同士です。1vs1vs1vs1vs……みたいな感じ。

デュオ(ふたり)やスクワッド(3ー4人)だと、自分のチームだけ味方で、あとは全員敵同士です。

デュオなら2vs2vs2vs……となり、スクワッドなら3vs3vs3vs……となるわけです。

ソロの場合とチームを組む場合で遊び方が全く異なっていて、特にチームを組む場合は連携が非常に大切になります。

集める、隠れる、闘う。

敵同士の中どうやって生き残ればいいのかというと、

まずマップに落ちているアイテムを拾ってどんどん装備を強くします。

それから、不用意な戦いは避け、機を伺います。

そして、隙を見つけたら戦います。

ざっくりと言えばこんな感じで進んでいきます。多くは集める、隠れる、戦うの3つの繰り返しです。

そして優勝を目指していくのです。

Apexがバトルロイヤルの頂点である理由

チームプレイ前提のゲームシステム

多くのバトルロイヤルがソロモードで、ひとりで遊ぶことを前提としているのに対して、「Apex」は基本的に3人1組で戦うチームプレイが前提となっています。

味方との連携が非常に大切ですし、上手くいったときは非常に爽快です!

野良にやさしいシグナル

ボイスチャット(VC)を使ってフレンドと遊ぶチームを「フルパーティ:通称フルパ」と呼びますが、そうではない「野良」のチームも、上手に戦うことができるような仕組みが整っています。

その一つがシグナル。「敵を発見した!」や「こっちに行こう!」と瞬時に位置情報を知らせることができ、これが大変役に立ちます。

私は8割がた野良でプレイするので、このシグナルで大助かりしています。

フレンドとやって優勝するのももちろん嬉しいですが、野良と一期一会の優勝を楽しむのもまた「Apex」の醍醐味です!

スピ―ディーな試合展開

「Apex」の勝負はじっくり攻めるも良し、速攻を決めるも良しですが、基本的にはスピ―ディーな試合展開となることが多いです。

そのため瞬時な判断が常に求められ、頭を使うゲームなのです。

  • 位置取り(高所か、背後をとられないか)
  • 敵戦力の把握(敵のレジェンド、アーマー、武器)
  • 戦うか逃げるか
  • いつ攻め込むか

など、考えなければいけないことがたくさんあります。

これが楽しいのです。

ただ単純に隠れて撃っていれば勝てるゲームではありません。

仲間の復活が簡単

ソロだとやられたら即ゲームオーバーですが、3人1組の「Apex」は、自分がやられてもまだ復活のチャンスがあります。

体力がなくなって「ダウン」している状態と、持ち物を全て失う「キル」がありますが、「キル」された後でも復活が可能です。

自分が仲間を助けるのも簡単で、諦めなければ勝利への希望があります。

まとめ

「Apex Legends」は間違いなく私の中で、バトルロイヤル最高峰のゲームです。

私はPS4でやっていますから、一緒に遊びたい方はぜひコメントよろしくお願いします!

日々の生活によりよいを

ノリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました