【NBA2k20】新生キャバリアーズ誕生!マイリーグプレイ日記1年目【2020】

ゲーム小話

こんにちは!ノリです。

今回から、NBA2k20のマイリーグ(My League)モードの体験記を書いていこうと思います。

はじめる前に

キャバリアーズ

チームはキャバリアーズ(CAVALIERS)を選択しました。

かつてレブロンが所属していたチームで、レブロンが去った後に再建状態になっているチームです。

なぜこのチームを選んだのかというと、ある程度親しみがあって、現実だと優勝には程遠そうだからです。

このキャバリアーズを数年で優勝候補にし、再び優勝するのがとりあえずの目標です。達成したらまた新しい目標を立てていきます。

設定

難易度はプロ、クォーターの長さ6分で、プレイ時間とスタッツの両方をシミュレーションに標準化します。

あとは特にいじっていません。なんでもカスタマイズできるからこそ、やりすぎるとファンタジー満載になってしまうからです。

ポジション固定はしません。

基本的に試合は自分で行うか、SIMCAST LIVEでシミュレートです。SIMCASTはほとんど使いません。強制勝利はもってのほか。

スライダー調整も何も変えていません。色々変えたら楽しそうなので、今後バランスを崩さない程度で変えるかもしれません。

あとは、コーチ設定ですが、選手のプレイ時間オート、選手交代オート、選手交代の方法は疲労度にしています。そのほか、試合終盤のファウルをマニュアルに、チームコミュニケーションをディフェンスのみにしています。

スタートは2019オフシーズンから

見出しの通り、スタートはオフシーズンからとします。

なぜなら、現実のキャバリアーズのオフの動きに納得がいかないからです(笑)

自分ならもっと上手にやれるという慢心からオフからはじめることにしました。

それと、現実だと選手が移籍しすぎて、パワーバランスがわからなくなっているという理由もあります。

正直、私がマイリーグで楽しんでいるのはオフシーズン>プレーオフ>オールスター>レギュラーシーズンです。

なので1年間のオフシーズンを指をくわえて見ているだけというのはもったいない。

積極的に動こうと思います。

なお、ドラフトは1年目だけ2019ドラフトクラスで、あとは1976年ドラフトクラスから順番にいこうと思います!

NBA2k18ではできなかった新要素ですから、存分に使っていきます。

またその時がきたら詳しくお話しします。

プレイ日記のスタイル

1記事1年

マイリーグは大きな視点で見れるのが最大のメリットです。選手ひとりひとりに焦点をあててもいいですし、リーグの流れを追ってもいいですし。

なのでさっくり読めるように1記事1年でいきます。

記事構成

記事の構成は、オフシーズン(引退、ドラフト、FA・トレード)、レギュラーシーズン(順位、オールスター、MVP)、プレーオフ(自分のチーム、優勝チーム)というざっくりとした構成にしていこうと思います。

どのくらい長くなるかはわかりませんが、備忘録の意味も兼ねているので、気になる方だけお付き合いいただければと思います。

それではさっそく1年目、プレイ日記スタートです!

2019オフシーズン

2019ドラフト

さて、2019ドラフトは、現実と比較できる最初で最後の年です。

現実ではペリカンズがZion Williamsonを1位指名しましたが、マイリーグではどうでしょうか。

まず指名順位です。

なんと、1位指名を獲得したのはレイカーズ!!

はやくもワクワクの止まらない結果です!レブロンとザイオンとかアツすぎる!!

2位はグリズリーズへ。これは現実と同様Ja Morantを指名しました。

そしてなんと、わがチームキャバリアーズは3位指名!!

開けてびっくり玉手箱!!R.J.Barrettはいただいでおきましょう。

八村塁くんはどうなったかというと、残念無念、2巡目9位という結果でした。

1巡目9位とばかり思っていましたが、よくみたら2巡目。そしてグリズリーズにいました。

渡邊雄太くん(総合評価71)は、解雇されてフリーエージェントになっていました。

あまりにも2人が不憫なので、獲得できるときは積極的に狙っていこうと思います。

【獲得した選手】

R.J.Barrett(79)SF/SG 201cm ミドルレンジスラッシャー

Zhaire Smith(75)SG 193cm アスレチックフィニッシャー

Sekou Doumbouya (74)SF/PF 206cm スラッシャー

トレードで得た指名権を使い3人を指名。

この時点では特にどんなチームにするか決めていません。

特に短所がなさそうな選手たちです。

ZhaireもDoumbouyaもフィジカルが強い選手なので、相手の体力を削るのに良さそうです。

FA・トレード

FAとは、フリーエージェントのことです。

全てのチームが契約をオファーできる状態の選手のことをいいます。

2019の目玉FAはもちろんKevin Durant(98)とKawhi Leonard(99)です。

そのほか、Kyrie Irving(95)やKlay Thompson(92)、Jimmy Butler(91)など、大きく動きそうなFA市場です。

再建に向けてロスターを整理する前に、お安いベテラン選手を獲得しておきます。

【獲得した選手】

Kyle Kover(75)

Luc Mbah a Moute(75)

なぜ再建期でベテラン選手を獲得するのかというと、若手の指導役になってもらうためです。

私の再建プロセスは、負ける→ドラフトで若手を集める→FAでベテランを集める→若手が育つ(or育たなければ負ける→ループ)だと思っています。

若手は2019年だけで3人も指名して、さらにロスターにはCollin Sexton(21・79)やAnte Zizic(23・75)、Cedi Osman(24・77)、元レイカーズ組がいますから、あとはベテランを集めるのが近道なわけです。(年齢・総合評価)

・・・

いよいよ本格的に動きます。手を付けたいのがKevin Love。このままいても優勝はできないですし、契約が高額で再建に時間がかかってしまいます。

かなしいですが彼には他のチームに行っていただくことにしましょう。

引き取り手がいないか探したところ、なんと、ホークスがTrae Young(20・85)と交換してくれるというはありませんか!

ホークスになんのメリットがあるかわかりませんが、交渉成立です。

さすがに対価としてLarry Nance Jr(26・76)とKent Bazemore(30・76)をトレードします。

Larry Nance Jrってもうそんな歳だったんですね。Kent Bazemoreはサラリーが19.27Mなのが問題ですが、1年ですし、そんなにわるい選手ではないですから、うまくいけば来年安く契約できるかもしれません。

ありがとうKevin Love。君のことは忘れないよ。

【獲得した選手】

Trae Young(20・85)PG 188cm オフェンススレット

Kent Bazemore(30・76)SG/SF 196cm レベル3スコアラー

【退団した選手】

Kevin Love

Larry Nance Jr

さて、この時のロスターを考えると、ビッグマンが圧倒的に不足しています。

ちなみに優勝に貢献したTristan Thompsonは既に指名権に変わっています……。契約重いんだもん。

あらら、現実よりまともな動きをしようとしていたら、まさかの現実よりもバランスの悪い結果になってしまいました。

しかし、ここで私何を血迷ったのか、 Jimmy Butler を狙いにいきます。当然獲得できず。

次に半狂乱になりながらKlay Thompsonに2年マックスオファーを送ります。

そしてなんと交渉成立してしまうという(笑)

【獲得した選手】

Klay Thompson(30・92)SG/SF 201cm 2-WAYレベル3スコアラー

無理やりストーリーをつくると、

ウォリアーズはKlay Thompsonの契約に自信があり、奇跡的に怪我が治り、シーズンに間に合うKevin Durantになんとか契約してもらうために熱烈なオファーをしました。

生え抜きであるKlayはこの状況を良く思いません。チームの雰囲気はだんだんと悪くなります。

結局Durantは退団、ウォリアーズはあわててKlayに声をかけます。しかし、Klayの心中は既にウォリアーズにはありませんでした。

チームに裏切られたKlayは、本当なら最も選択肢にないキャバリアーズ移籍を決めました。

みたいな感じです。

32.25M、33.86Mの2年66Mの契約です。

ちょっと再建の雰囲気はなくなってしまいましたが、こうなればプレーオフ進出くらいは目指してもいいのではないでしょうか。

次にJordan Clarksonを放出し、Mitchell Robinsonを獲得します。

強烈なブロックでゴールの守護神である彼ならばビッグマン不足は解消できるでしょう。若いですし将来性もあります。

さらに、不良債権気味なBrandon KnightとDavid Nwabaもウォリアーズに放出し、指名権をいただきます。

ウォリアーズ様様ですね。

【獲得した選手】

Mitchell Robinson(21・80)216cm グラスクリーニングロックダウン

【退団した選手】

Jordan Clarkson

Brandon Knight

David Nwaba

プレーオフ進出を目指すとなると、まだビッグマンが足りません。しかし、Cの Mitchell Robinson とAnte Zizicは共に3PTを打たないので、スペースを広げるためにアウトサイドに秀でた選手を残りのキャップ(サラリーの余裕)で獲得します。

【獲得した選手】

Nikola Mirotic (29・82)208cm インサイドアウトスコアラー

Al-farouq Aminu (29・79)206cm ストレッチフォー

Miroticは単年14M、Aminuは2年15Mで契約しました。お安い!!

特にAminuさんはインサイドアウトサイド両方守れて、3PTが打てるという超便利選手。オススメです。

Miroticはシーズン途中の順位で様子を見てトレードも考えます。

さいごに、RobinsonとZizicを育てるためにTristan Thompsonとお別れし、大ベテランのPau Gasolにメンターになってもらいます。

優勝したときのメンバーが全員いなくなりましたが、リーダーのLeBronが抜けた以上、遅かれ早かれこうなる運命なので、仕方がないことです。

引退前に獲得できたらいいですけどね。キング。

【獲得した選手】

Pau Gasol

【退団した選手】

Tristan Thompson

ロースター

PGTrae YoungCollin SextonKyle Kover
SGKlay ThompsonZhaire SmithKent Bazemore
SFR.J.BarrettCedi OsmanLuc Mbah a Moute
PFNikola MiroticAl-farouq-Aminu Sekou Doumbouya
CMitchell RobinsonAnte ZizicPau Gasol

YoungとSextonというライバルが仲間になる展開に。

Thompsonの新たな相棒でもあるYoungはCurryの影を乗り越えられるかが注目です。

また、Thompson自身もCurryを支える2番手ではなく、チームを引っ張るエースとして活躍できるかといったところ。

どれだけ若手が成長できるかが楽しみなシーズンになりそうです。

アウォード

オールスター

【スターター】

Stephen Curry

James Harden

LeBron James

Ben Simmons

Anthony Davis

Kawhi Leonard

Bradley Beal

Kevin Durant

Giannis Antetokounmpo

Karl-Anthony Towns

【ベンチ】

Kyrie Irving

Klay Thompson

Chris Paul

John Wall

Andre Drummond

Hassan Whiteside

Mike Conley

Kristaps Porzingis

Russell Westbrook

Paul George

Nikola Jokic

John Collins

Blake Griffin

Demarcus Cousins

惜しくもTrae Youngは落選。まんべんなくチームが散らばっていていいのではないでしょうか。

Mike Conleyは初オールスターおめでとう!

シーズンMVP

Stephen Curry

チーム成績はウェストで最下位から2番目でしたが、平均得点37点を獲得し、堂々とMVPに。

チェンバレンとジョーダンに迫る3人目の1シーズン3000得点越えを成し遂げました。

前年度MVPのGianisと平均得点30点越えのDamian Lillardが最終候補(という設定)でしたが、リーグの人気はCurryの独壇場でした。

ルーキー・オブ・ザ・イヤー

Zion Williamson

納得の選出。

シックスマン賞

Collin Sexton

キャバリアーズを支えた裏エースがシックスマン賞に選出されました!安定したディフェンスと3PT、スターターを譲ったものの、素晴らしい活躍を見せてくれました。

最優秀守備選手

Gianis Antetokounmpo

惜しくも二度目のMVPを逃したGianisは初の最優秀守備選手に。

あの身長と俊敏性は異次元です。相応しいと思います。

MIP(最も成長した選手)

Mitchel Robinson

我がキャバリアーズのビッグマンがMIPに。

彼の残した平均ブロック3.9は圧倒的で、過去をさかのぼると’98- 99のAlonzo Mourningの記録まで戻ります。

一時代を築くレベルの偉業に驚いています。

本当にシーズンを通してよくゴール下を守ってくれました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました